最後に笑えれば

ゼミのこと書くよ、と言いつつバイトのことも。

☆2018/06/17

 

 

検定に受かってもらった黒エプロンを3ヶ月くらい放置してたけどとうとう着ました記念。

 

そもそもどうして着てなかったかというと、理由は単純明快、着れる程の実力がついてないと思ったから。

あとオーナーからも

「自分が自信を持てるようになってから着なさい」

って言われていた。いや自信とかねえし。って感じで、いつ着れるかなあ。とにかく接客頑張ろう。他の人よりできるようになろう、として1ヶ月ちょい。おととい事件が起こりました。

 

後輩の人が検定を受ける、ということを知りました。その後輩の人は本当に最近入った新人さん。

すげえ、という思いと同時に焦りががががが。わたしが2年目で受けた検定を1ヶ月目で受ける彼女の思い切りさと勇気と好奇心に対して。

 

そして焦りからくる単純な見栄で、

 

「…で、エプロンはいつ着る?(笑)」

 

と、その新人さんとわたしとオーナーの3人でいた時に、オーナーが聞いてきたので

 

「明日です」(即答)

 

って言ってしまった。

言った手前あとに引けないじゃん!??!?

ということで着ることに。

最近、"売り言葉に買い言葉"的なノリで行動することが多い。"できない奴"って思われたくない。プライド高いのかな…。競争心はあまり高くないけど一番でいたいタイプなのかも。だから自分の立場が危うくなってしか動けない。

いままで周りにそうやってくる人がいなかったから、わたしは今の立場をそれなりに守れてきた。だから余計に焦ったんだと思う。抜かされたくない、と。

 

あと、店長が

「形から入る的な意味で、着てみたら何か変わるかもよ。」

って先週あたりに言ってくれた。店長はわたしがエプロンを着れるような実力じゃなければそんなことすら絶対に言ってくれない人だ。だからその言葉がわたしの背中を押してくれた。

 

 

そして昨日、お母さんの黒いポロシャツを借りていざ出勤。

こんなに緊張するっけ…。というのが感想。

制服が変わるだけでそわそわして落ち着かない。やることはいつもと変わらないのに。

 

「笑顔を忘れないようにね!」

 

と、上の人からエプロンを着たときのアドバイスをもらえた。

あと店長と

 

店「エプロン似合わんなー(笑)」

わたし「見慣れてないだけですよ!笑」

店「…そうかもな〜。頑張れよ〜!」

 

って話をした。

なんかエモくない????

 

 

流れで着ることになったけど、なんだかんだ自分自身で納得して着れているからいいよね。今ならいいかも。とちゃんと思えてる。接客だってここ最近で良くなったと思う。でもまだまだ良くなれる!黒エプロンはきっとその後押しをしてくれるはずだと思う。

 

なんとなく背筋が伸びて笑顔が多かった今日のバイト。たかが制服されど制服。

これからも伸びっぱなしだと良いな。

 

少し前と比べると驚くぐらいにミスがなくなった。(とはいいつつ過不足は出してしまったが…)

ミスから何かを学んでできることを増やすのは成長だと思うけど、ミスをしないことに重きを置いている間は全く成長してないんだと振り返っていて思う。

成長というものは自分のできないことをできるようにする、できることの質を上げることで、ミスをしないということは保守であり成長ではないんだと気づきました。現状維持は後退でしかない。わたしは成長したい。そのためにも知らないことを知っていきたい。まだまだいろんなことに興味を持って、理由を追求していかねばいけないな〜〜。頑張る。

 

あとはうなぎのディスプレイを考えなければ。ミーティングの計画をせねば。ゼミの課題をしなければ。やることはたくさんだ。ひとつひとつこなしていこう。

2018/06/11

 

先々週更新してなかったので、先々週した事も振り返りつつ、先週のゼミ活動も振り返ります。

 

先々週はグループに分かれて、インタビューしたあと、そのインタビューを分析して4つのカテゴリ別に分けた。

わたしたちのグループ(仲良い3人)は、

「カフェになにを求めているか」

を、どんな状況でカフェを利用するか、なにを頼むか、などから導いて行った。

 

そのあと、インタビューできいた出来事というか、なんだ、あのー。ね!(ね、で全てをごまかす)

例えば

本を読みたい(からカフェに行く)

インスタにあげたい(からカフェに行く)

飲み物を飲みたい(からカフェに行く)

 

という感じのものをひたすら話しながら書き出してそれを4つのカテゴリに分けていった。が…

め っ ち ゃ む ず く な い ?

というところで前々回のゼミは終わり。

むずすぎて途中脱線しまくったけど、仲良い3人集まったわりに脱線するとこ集中するとこ分かれててよかったと思う。根は真面目なの多分。

 

f:id:ymooo919:20180611003731j:image

 

 

先週(6/1)のゼミは続きから。

 

f:id:ymooo919:20180611002702j:image

(先ほどの"4つのカテゴリ"とは↓

下から、ユーザーの事象ー行為目標ー本質的欲求(上位ニーズ)ー本質的欲求(最上位ニーズ))

というふうに繋がってる。

 

インスタのことが一番綺麗につながって、先生にアドバイスもらってそれを完成させよう、と改善していた。

インスタに載せたい(事象)→インスタ映えを狙いたい、写真を撮りたい(行為目標)→いいね欲しい(上位ニーズ)→…とまできて、じゃあ何でいいねが欲しいのか、最上位ニーズってなんだろう、という話になった時に

「承認欲求じゃ〜ん??」

みたいなノリになった、けど。よくよく考えて本当にそうなのか?という話になった。

もう一度考えて、最終的には

"人に影響を与えたい"から、という結論になった。

先生から本当にそうなのか?と問われない限り、私たちは先入観で承認欲求と結論付けていたかもしれない。怖い。

 

そして先生が各班をフィードバックしてくださった。その時言っていたので印象的だったのが、まず大事なのがインタビューで、インタビューのクオリティが低ければその後の分析全くできないんだということ。最初めっちゃ肝心、というかインタビューが??

 

その話を聞いて、インタビューのクオリティを上げていきたいなと思った。クオリティを上げることができたら多分日常でも、話聞き上手になれると思う。

 

 

PEST分析のこともここに追加しておこう。

 

PEST分析とは、

Politics(政治)

Economy(経済)

Society(社会)

Technology(技術)

の4つの視点から分析して自社にどのような影響を与えるかを分析し、事業戦略やマーケティング上の機会と課題を見出だすためのフレームワーク…らしい。

今めっちゃ調べながら書いてます。(白状)

 

PEST分析でだされた課題は

「PESTの観点から将来に向けての変化を調べる」

むう。……やってみる。

 

Politics

政治………………。わたしには政治がわからぬ…。すいませんちゃんとニュース見ます。最近気になってるのは成人年齢引き下げくらい、、。20歳→18歳になったところで何が変わるの?と思う。メリットもなければデメリットもない。18歳の頃のわたしは自分のことをそこそこ大人だと思っていたけど、今振り返るとまだ超子ども。今もかもしれないけど。大人になるために何しないといけない?大人って何?成人に向けての教育もしとかんといかんのやない?って思います本当に。ただでさえ選挙権与えられたときもそのことをろくに習った記憶ないのに。変化についていけてない学校。各政党のこと全部教えろよってめっちゃ思った記憶。(調べろ)

そういう整備していかないかんと…思います…。大人とは?みたいな…。書いて思ったけどこれ政治なの…?

 

Economy

経済………スーーーーーッ(息を吐く音)

なんだろう、自動化によって人の仕事が減っていきそう、ていうかいきますよね。人がする仕事、…ってこれ社会じゃないかな?大丈夫?

でも自動化することによってそこに人権費割かなくてよくなって、働いてる人がもらえるお金が増えて、景気は良くなりそう。AIとか、機械とか維持費はかかるだろうけど、人件費に比べたら多分低そうだし…。でも電気代は原発やらなんやらにかかってるからな…という。安定して電気を安く供給できればできるほど、維持費も下がって人々がもらえるお金は増えて幸せになれるのでは…と思いました。ん?これ経済?

 

Society 

経済の話と繋がると思うけど…少子高齢化…。

働き手が少なくて保育士が足りない、教師たりない、介護福祉士たりない…とかいろんな職業に対してたりないって声を聞く。けどそういう職業はほとんどAIとか機械とかで代替できない…。のかな。仮にこういう人のお世話とか、教育をする職業をAIや機械がするようになったら、余計に人とのコミュニケーションが減って、今より人と人が直接関わることががすくなくなっていくのかなって思う。

 

Technology

機械、AIの技術は確実に進歩してますよね。人と人の関わりが少なくなっても、AIが本当に人と比べても遜色ないくらいに柔軟にコミュニケーションを取れたら、どんだけ人と関わらなくなっても孤独じゃなくなるんだろうなって思う。友達はロボットです!的な将来。でもAIの暴走による犯罪とかも起こりそう。ロボット対人間、、SF映画みたいな将来になっていそう。

 

 

えっこれで良いのかな、正解わからない…あああ…難しくてこれが今の限界…です…。

2018/06/11

ゼミが2回連続お休みになりました。

先生、手術お疲れ様でした。

休みの間に課題を出されたのだけれど…

ドラえもんひみつ道具の価値は何か。またどういうアクティビティの変化をもたらすのか。

という内容。むずううううううう。

 

何にしようかなあって考えて思った。わたし最近ドラえもん見てないな。ひみつ道具意外と知らないわ。

ということで調べてみて、わたしが欲しいものにすることにした。それは…

 

タイムふろしき


赤い面を外側にしてかぶせると時間が戻り、青い面を外側にして被せると時間が進むひみつ道具

 

 

◎タイムふろしきの価値◎

・包んだ物体の時間を操ることができる

 

 

◎タイムふろしきを利用する価値◎

 

・賞費期限が切れてしまったり腐ってしまったりしてしまった食べ物の時間を戻すことで、そうなる前の状態に戻り、無駄なゴミが減る


・作る時間がかかるもの(熟成させないといけないもの等)をすぐに作ることができるため、安定して供給できるようになる。
→10年くらい熟成させないといけないウィスキーが供給できなくなってる、という記事を見たが、そういうこともなくなる。作る手間隙のかかる農作物にも有効だと思う。


・世界に1つしかないものが壊れてしまった際や、経年劣化してしまったときも、本当の意味で元どおりにすることができる。

(例えば自分が小さい頃作ったもの、子供がいる人は子供が作ってくれたもの等)

 

アクティビティの変化
・新しいものを買う機会が減る
例えば車でも、型落ちでよければ中古車を買ってタイムふろしきを使えば型落ちでも新車に乗れる。

・おつとめ品がなくなる

食べ物が腐りかけだろうと作って時間が立ってようと風呂敷を使えば元どおりになるのだから、古いものを安く売る必要がなくなる。(これはアクティビティーになるのか謎、、)

 

って書いて思った、これ1個目と2個目で矛盾生まれてない?いや食べ物とはまた話が別だしなあ、、、。車とかだと性能もあるし、古さ云々よりもそこで価値に差が生まれそうだと思った。

 

なんか難しい、、しっくりこない。

アクティビティ、もっとプラスになりそうなのないのかな。もう少し考えてみます。でも欲しいなあタイムふろしき。

☆2018/05/26

改めて、コンビニバイトブログのやばい奴です。なんか森田先生が紹介していたみたいで、二期生の人から

「あっバイトの…!」

みたいなことを言われた。(有名人気分)

あの記事読んだ人はどう思ったのかなあ?って気になる。

そんで二期生の子がバイトのブログ書いてたので、わたしも久々に書こうかな。ということで書きますよ。

 

いちおう自分のこと書いとこうかな。

コンビニでバイトをしてます。今3年目。

夕方の時間に主に入ってて、その時間帯の中では1番歴が長い。

「行動力だけはある」と褒められるくらいには色々やってるけど大抵うまくいった試しがない()

いつもちょっと惜しいらしい。

ミスもめちゃめちゃ多い…から、反省の意を込めてバイトのブログを書くようになった。

とりあえずこんなんでいいかな。

 

最近の悩みは、以前と比べて仕事が楽しめなくなったこと。

すぐにイライラしてしまう。声を出すのがしんどいっていうか出ない。セールストークも恥ずかしさを乗り越えて出来始めた頃は楽しかったのに、今ではできて当たり前というか、なんていうかあの頃の楽しさはないというか。

なんでだろう。

楽しめない→楽しめない自分にイライラする→思うように接客できない→できない自分にイライラする→楽しめない→…の負のスパイラルまじで。

楽しめなくなった原因を考えてみた。

・ミスが多いから

・できてないことばかり目につくから

・自分を褒める材料がないから

・そもそも根本的に頑張ってない

というのがパッと思い浮かんだ。

 

最近(とは言っても2018年入ってからずっと)頑張ってるって言われても、素直に受け取れないことが増えた。昔はそうでしょ!頑張ってるもん!って思えていた。手を抜いているわけじゃないけど頑張れてないのかもしれない。

頑張れてないのって、結局何を頑張ればいいか定めてないから頑張ってても頑張った実感がわかないのかな?とか思った。目標を定めなきゃ。あとどんだけ頑張ってもミスしたら意味ない。だからミスは自分のためにもやってはいけないことなんだと思う。

最近は専ら過不足である。お金の確認管理、しっかりやってるつもりでもミスしてる=つもりでしかない。という証明にしかならない。

そして過不足はわたしだけが頑張ったって、相方が気を抜いていたら出てしまう。だから相方とのコミュニケーションも図らないといけない。絶対に出しちゃいけないだっていう認識を共有しておかないといけないし、それはやっぱわたしから発信していかないといけない。

あと最近やたらとイライラする。寛大な心が欲しいし、考え方や捉え方のクセを変えてイライラしない方向に持っていかないと、自分がしんどくなっちゃう。(変え方わからないので教えてください。)

 

要するに、楽しむためには

・目標を作る→達成できたら自分を褒める材料にもなる

・相方とコミュニケーションをとって、ミスをしない雰囲気を作る(ミスしないように意識してもらう)

・イライラしない(考え方のクセを変える)

 

のが大切ってことになりました。

 

 

あと、最近頑張ろうと思っていることもちゃんとある。

①接客

最近お客さんの立場になって思うようになった。

「この人の接客クソやな」

と。早速イライラしてるのは見逃して。

最近接客してもらっていい思いをしたことがない。笑顔がない、礼もない、若いからって適当にしてない?と思うことがある。今日飲んだアイスのほうじ茶ラテもつくり方を間違えられていた。アイスミルクを先にカップに入れないといけないんだよ。じゃないとカップの中で綺麗なグラデーションにならない。

たかが入れる順番くらいで、と思うかもしれないが、でももし買った人がSNSにほうじ茶ラテの画像を上げようとしていたら?なのに見た目が綺麗じゃなかったら?

その人はきっといい思いをしないだろう。

コンビニだから、と大抵の人はある程度の接客しか求めてないのかもしれない。というかそもそも接客自体気にしてないのかもしれない。物が買えて、欠陥がない状態で家に持ち帰れたらそれでいいのかもしれない。

けどわたしは、目の前の喜びもだけど、わたしが見れないその先の喜びのことまで予測できておきたい。お客様に本当に喜んでもらうためにはにどうすればいいか考えるのが難しいけど楽しさでもある。(とオーナーが言っていた)

 

②笑顔

最近仕事中笑えてない。当たり前か楽しめてないもんな。でもこのあいだの勤務の時、

「笑顔が素敵ね」

と久々にお褒めの言葉をいただいた。嬉しかった。だからなんか笑ってれば良いことあるかなって思う。精神論だけど。ネガティブな人にはネガティブなことしか寄ってこないとか言うし、逆もまたしかり。

きつい顔してても他の人に良い影響は与えないし、わたし自身暗い人は嫌いだ。他人に対しても自分に対しても、しんどい気持ちを否定するつもりはないけど、でもやっぱそれを出すべきではないなと反省してる。(最近ばりばり出ていた)

 

自分がされて嫌なことは他の人にしない!

簡単なことなんだけど案外難しいよなあ。

 

接客も笑顔も、コンビニで働いてたら誰だってできる仕事なんだけど、だからこそわたしにしかできない接客、わたしにしかできない笑顔をしたいとおもう。

そして、店長やオーナーに誇ってもらえるようなクルーになれたら良いと思うし、自分のことを誇れるようになる…のが今のところの目標です。

 

 

わたしの働いているコンビニには、企業理念がある。理念の中に行動10指針というものがあるのだけれど、その1つに、ゼミと共通しているなあと思うのがある。それが

なぜ?を大切に。

という指針。

なぜを持つから理解できる。

なぜと思うから考える。

なぜと思うから興味がわく。

 

いつも疑問を持ちながら仕事をする事で、もっともっと吸収できることが増えるはず。そして、なぜ?も大切だけど、どうやったら?という目線も大事にしたい。どうやったらお客様に喜んでもらえるか。どうやったら業務が円滑に進むか。どうやったら揚げ物が売れるか。いろんなことにアンテナ張って吸収したい。ゼミも。

 

CCFesに行った時、仕事を楽しんでいそうな人が多くてびっくりした。

バイトは無理して楽しまなくても良いんじゃないか、とにかく今はミスしないのが先決だ。

って思っていたけど、でも楽しそうな人をみて正直羨ましかった。

 

だからまたバイトめちゃめちゃ楽しめるようになったら良いなー!そのためにも実行してみる!

 

 

今が良ければそれでいい、がわたしの最近の考え方。

未来を見てないようだけど、未来の今がいい今だ。と言うためには、今の今をよくしておかないといけない。と思うんですね。

未来を良くするために今を良くする。

頑張ろう( ◠‿◠ )

2018/05/19

 

LION様と初対面。

まずは会社概要を説明していただいた。

今日を愛する。がコーポレートスローガンで、2030年に向けて、次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーに。

イノベーションラボは、イノベーションという文化を作って、今までの企業体制を変える、驚きのある新規事業を創出するらしい。だから経験のないこと"しか"しない。

プレゼンの時に気になったのは、カタカナの言葉がわからないこと。

グローカリゼーション

・マーケター

・オープンイノベーション

・スタートアップ

ファシリテーション

聞いたことある言葉が大半だけど、じゃあ意味わかる?って聞かれたらそれは…わからないっす…。こういう意味だよね?って推測しながら話を聞いたり、どういう意味だろうって思いながらわかんない言葉を書き留めておいた。

ちなみに意味は上から

地球規模/多地域での展開を目指しながらも、地域の法律や文化に応じる形で提供される製品やサービス。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/グローバリゼーション

マーケターとはマーケティング理論や調査に専門的な知識を持つマーケティング戦略立案者のこと

https://kotobank.jp/word/マーケター-22942

自社だけでなく他社や大学、地方自治体、社会起業家など異業種、異分野が持つ技術やアイデア、サービス、ノウハウ、データ、知識などを組み合わせ、革新的なビジネスモデル、研究成果、製品開発、サービス開発、組織改革、行政改革地域活性化、ソーシャルイノベーション等につなげるイノベーションの方法論

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/オープンイノベーション

新しく設立されたばかりの会社のこと。英語圏でもスタートアップという言葉は新興の会社に対して使われるが、主に世間に認知されておらず成功も保障されていない事業領域を開拓する企業に対してのみ当てはまるとされ、ベンチャー企業「venture-capital-backed company」「venture-backed company」などとは区別される。

https://www.weblio.jp/content/スタートアップ

会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすることにより、組織や参加者の活性化、協働を促進させるリーダーの持つ能力の1つ。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ファシリテーション

 

(頑張ってまとめてみた)

 

その後質疑応答、そしてゼミでやってることを森田先生が話してくださった。

 

改めて、わたしたちがするのは

・100年後の家事

・磨かない歯磨き

を考えること。

質疑応答の時には何も質問が出てこなかったけど、その後友達と話してたら、なにがゴールなのかわかんないよね。っていう話になった。意見が欲しいだけなのか、どこまでしたらいいのかな?みたいな…。そこは明確にしたいなと感じた。未来のことだからなにが正解とか不正解とかないけど、ないからこそ目標とかゴールはLちゃんと共有しておかないと、わたしたちのやってることとLION様がやってほしいことに齟齬が生まれてしまう気がする。

 

って思った。そのあとの飲み会とカラオケはとても楽しかった。

 

 

2018/05/17

CS City Fukuoka 参加してきました。

森田先生から声をかけていただいて、行くことに。顧客対応のことなんか1つでも学ぶぞー。って思いながら行った。

わたしが想像していたのは、椅子に座ってみんな一言も発さずに聞く講義みたいなのだったけど、実際はお酒あるし食べ物あるしみんな仲良く話してるし…全然イメージと違くてびっくりした。

 

プレゼンしていたので、なるほどなあ〜と思ったことを何点かまとめて書こうと思う。

 

〇OKR

OKR…Objective and Key Result

 objectが目標で、key resultが成果指標のことらしい。目標を決めて、その達成のために必要なことをいくつかの成果指標に分けて進捗を管理していく…らしい。会社全体のOKR、各部門、部署ごとのOKR、そして個人のOKRが存在して、会社全体のkey resultは各部門、部署のobjectiveに、部署のkey resultは個人のobjectiveに紐つけられるとのこと。

いや本当に…取り入れるしかないやん…(感涙)

 

〇頼み方の話

この方はCSとサービスを作る人の関わりの話をされていた。

お客様からクレームや要望をもらい、改善をサービスを作る人にお願いしなきゃいけない時、やってください!と一方的に言うのではなく、〇〇してもらえると〇〇だから、〇〇してほしいです。とポジティブな感じで頼めばより良い。とのこと。

わたしも今後バイト先の人に頼まなきゃいけない時はそうしようと思うし、接客の時もこうすれば知らず知らずのうちに嫌な思いさせてるとか言うことが減るかなって思う。

 

〇優先度の話

いろんなお問い合わせがくる中で、優先度はどうなっているのか?と言う話。

①件数が多いこと

②明らかにおかしい

③不利な時間が長い

わたしも優先度間違えて怒られたから覚えておこうと思う。職種が完璧に同じわけじゃないから全部は活かせないかもしれないけど、お客様のためという大枠は同じだから絶対に活かせる!

 

 

 

あとは、アカツキの社長さんと話す機会があったので、ブログを読んでいただいた。

なんでミスするんだと思う?

と聞かれたから、基本ができてなくて軸がないから、、と答えた。基本ができてない理由を聞かれたから、人がいない時だったから実戦で覚えてこう!って感じだったからだと答えたら

本当に基本ができてないからだと思う?

って聞かれた。言葉に詰まった。上の人からそう言われたから、というか自分もそう思うけど…。と思って、そう思います。と返したら

基本とかどうでもよくて、目標があればいいんじゃないかな。

と言ってもらえた。〇〇できたら〇〇しようっていう目標はあるけど、たしかに目標にしてる人いなかったなあとハッとした。わたしより上手な接客する店長やオーナーはなんでか目標にできなくて、いつも"あんな風にわたしはなれない"と自分で決めつけていた。今も。目標どうしようかな。

 

あと友達にしていたアドバイス

・悩むと考えるは別

悩むために悩んでる

・自分と向き合うことが大事

・(ネガティブに考えてしまうことに対して)自分がいい人間、がスタート地点だよ。

と、色々ありがたい言葉をかけていただいた。

ありがとうございました…。

 

このフェスに参加してる人、みんな働いてるのが楽しくて自分の仕事に誇りを持ってるように見えてすごくすごく羨ましかった。

もちろん楽しいことだけじゃないだろうけど、大変なこともあるんだろうけど、でも羨ましい。わたしも胸はって楽しいですと言える仕事をしたい。

 

2期生はコミュ力が高い人が多くて、わたしたちなんかより色んな人と話していた。初めてとは思えないくらいで、物怖じしない性格なんだろうな〜と思ったし、自分のコミュ力の無さを改めて実感した。1期生とはタイプの違う人たちが多くて、また会うのが楽しみだ。

 

2018/05/11

最近バイトのことを書かないのは、前に比べて失敗が少なくなってきたからだと思う。かといって成功した!と思えることもないんですけれど。\\٩( 'ω' )و ////

先日バイトのミーティングをしたので、どうやってそこまでこぎつけたかはまたまとめておきたいと思う。

 

 

今日は、パーソルキャリアから人事部の方に来てくださって話をしたり、ワークショップしたりした。

新卒はポテンシャルが見られてて、経験自体を重視するんじゃなくって、経験を会社でどう活かせるかを知りたいそうだ。

とにかく自分を知って認めてあげること、言語化する力をつけておくこと、そして開示できること。が大事だと。

これができてないと、自分の弱み強みを自分自身が理解できずに勘違い人間になってしまうんだって。そして周りの人に伝えられないし、理解もしてもらえないから信頼関係も築けない。

 

ソーシャルスタイル診断を初対面の飛びゼミの方々と、そらちゃんと一緒にした。最初アナリティカルって言われたのが意外でびっくりした。最終的にはエクスプレッシブと言われたが、自分自身でやってみるとエミアブルだった。

アナリティカル→控えめで、計画性、論理性を重視。

エクスプレッシブ→気持ちや考えを素直に示す。直感的で刺激を求め、人から認められたい。

エミアブル→親しみやすく協力的。依存心が強く他者貢献を重視。

 

まあ間違えても控えめではないし計画的でもないなあ\\\\٩( 'ω' )و ////

 

その後の自己紹介でわたしは自己理解も言語化も開示する力も全部がなんとなく〜の中途半端だと感じた。

自分は素直な人間です。思っていることがすぐ顔に出ます。と言ったが、具体的エピソードまでは出てこない。あとそれ以外の自分の情報がない。なんだろう自分って?って考えると意外と自分のことって自分が思ってる以上に理解できてないんだなって改めて感じた。だからまずは自分は一体なんなんだ、ってそこから理解していきたい。

インターンはじゃんじゃん行ったほうがいいみたい。得るものはあるけど失うものはないしね!って言ってもらえて確かに!!ってなった。企業は綺麗事ばかり言うからある程度固めておかないと迷うよ。って前に言われたことがあるが、無駄になることは絶対ないって安心した。インターンに行くときは、仮説や検証するポイントを1つ決めておくといいんだって。あと自分に合うのかどうか、ビジネスモデルを確認しておくことも大事。

計画された偶発性理論、森田先生が以前ブログに書いてたよなあって思って見返したら書いてた!偶発的なことを計画的に導く、、ためにもやっぱインターンには行って情報入手しておこうと思う。

講義の後、しておいたことがいいことを聞いてみた。業界や業種を知って、知識を得ておくといいとのこと。なんかそういう本があるんだって。高校の時、どっか業者から来てた職業の冊子みたいなのは読んでワクワクしていたことを思い出した。