最後に笑えれば

ゼミのこと書くよ、と言いつつバイトのことも。

2019/04/23

 

f:id:ymooo919:20190325152627j:image

 

 

冊子のこと下書きにぶち込んだままだった。

 

今回借りた冊子がこちら。

1 ディズニーテーマパークの歴史とコンセプト

2 ディズニーテーマパークの行動基準

3 ディズニーテーマーパークの製品

4 It takes people

(豊かなパーク体験に向けて)

 

の4つの章?に分かれた本でした。

 

1について

ウォルトディズニーの経歴書いてあったんだけど、最初は漫画家から始まったの初めて知った。より良いもの、人々にもっと楽しんでもらえるものを作りたいという思いを常に抱いていたらしい。聖人かな?

新人キャストは最初にウォルトさんの思いがどのように活かされてるかとか、どんな役割を期待されてるのかということを理解してから仕事に就くらしい。

一般企業で、企業理念やビジョンを知って、組織から求められてる人物像や自分の役割を理解することと同じで、やっぱりわたしは求められてることをもっと知るべき?というか、求められてることを整理しないといけないなと思った。

 

 

2について

行動基準の4つの鍵である、SCSEのことについて書いてあった。

 

S…Safety(安全)

キャストが常にゲストの行動に気を配って、安全最優先で行動することで、ゲストに安らぎを提供できる。

 

C…Courtesy(礼儀正しさ)

お客様をおもてなししたいという気持ちから生まれる自然な姿勢が礼儀正しさで、ゲストが何を望んでるか把握するために、相手の立場に立ち、自ら行動することを心がけているらしい。Courtesyの4つのポイントが

挨拶

スマイル

言葉遣い

アイコンタクト

 

わたしも、来てくださったお客様に喜んで帰って欲しい、ここにお店があってよかったって思って欲しい。そのためにはおもてなしの心が大事だよねー。4つのポイントは即実践できる。

 

S…Show(ショー)

ゲストの目に触れるもの、体験するものは全部ショーの一部だから、レストランや店舗販売をするキャストも大事なショーの一部。

たしかに、テーマパーク行ったらどこにいる人たちもその場所でのコンセプトに則ってキャラを演じてる。

上の人から、常にわたし達はお客様から見られてるから、売り場に出てる以上は、従業員という役割を全うしないといけない的なこと言われる。私情挟まない。

 

E…Efficiency(効率)

ゲストの貴重な時間を無駄にしないよう、チームワーク良く働いて無駄を省き、効率を高める。裏方含めた全員でゲストをもてなしていることを忘れないようにしている。

 

SCSEは優先順位順で並んでるから、サービスする時の判断基準がわかりやすくて良いなと思った。

わたしは判断基準を明確にできてないからいっつも上の人に確認しよるんやろうなって思った。

 

 

3について

ところどころ、ページの下の方に問いかける文章があるんだけど、皆様がお客様に提供してるもののうち、形のないものにはどのようなものがあるでしょうか。という問いかけが書いてあった。

本文を読む前に考えて見たけど、笑顔で接客されて嬉しい気持ち、とか、たくさんある商品から選べて楽しい気持ち、とか月並みな言葉しか出てこなかった。

でもそれが1番大事なんだと思う。

本文には、ディズニーの製品(サービステーマ)とは、ハピネス(嬉しい気持ちとか楽しい気持ち)を提供すること。どんなサービスにも必ず人と人とのコミュニケーションから生まれるハピネスがあって、それを大事にしてるって書いてあった。

 

4について

テーマパークを訪れるゲストの心を揺り動かす最大の要因は、そこで働く人である。ってウォルトさん言ったらしいよ。

だから様々な場面で様々なゲストに合わせた対応ができるためのトレーニングしてるんだって。

大事だと思ったのは

・概要から詳細へ、大事なことは繰り返し伝える

・先輩の姿から後輩は大切なものを学ぶ

の2つ。

特に後者は、当たり前だけど自分がバイトをしているときに影響を与えるのはお客様だけではなく、一緒に入ってるクルーさんにも与えてるってことで、それが士気を下げるものだったら絶対にいけないなって思った。

この人みたいにならないようにしよう、っていう意味での大切なことを学ばせないようにしないといけない。

 

最近実践してるのは、純粋にこの後輩クルーさんのここいいなってとこや、後輩に教えたことの経過を見てあげて、それができるようになってたら、ちゃんと声に出してあげること!

少しでもモチベーション上がってくれたらって思うし、そうすることを心がけるようになったら、ちゃんと見ててあげないとなって思うようになった。

 

最後に書いてあったのが

キャスト自身が楽しく働いていなければ最高のパフォーマンスを発揮できず、ゲストにも素晴らしい体験を届けることができない。

キャストがゲストに素晴らしい体験を届けることで、ゲストからハピネスを得て、更なる働く原動力になっている。

 

わかりみ深すぎ。お客様にありがとうって言われるの嬉しいもん!

上の人も、

対面セールストークする→お客さん買ってくれる→嬉しい!やる気出る!→もっとするようになる

とか

対面セールストークする→お客さん買ってくれる→オススメしてもらった商品美味しかったよって言ってもらえる→嬉しい!やる気出る!→もっとするようになる

っていういいサイクルを回していきたいって言ってた。

 

ありがとうって言われる接客しよう。

どれだけ忙しくても、キツくても、まずはそこからかなーと思います。

 

 

一応調べてみたけど、既出の情報しかないみたいだからよかった。

 

 

卒論のために読んだ本も感想文書こうかなー。

☆2019/03/25

最近、バイトがとても行き詰まっている。

2月半ばくらいからとある変化が起こった。

1番よくあるパターンが、

ミスやトラブルやうまくいかなかったことを電話で報告する。

こうしないと、ああしないと、そしたらよくなると助言を受ける。

泣く

 

いや、なんで泣くんかい。

 

つい先日は任されてた仕事が終わらなくて、店長からアドバイスをもらったけどそれをアドバイスだと受け止めきれずに、別件で電話した時にづら"い"でず〜〜と泣いてしまった。(そのあと、そりゃその仕事の仕方じゃ終わらないよって言われた)

 

いや、何が辛いんかい。

 

とにかく理由がわからないと解決のしようがない。ということでなんで辛いんか考えてみるよ。

 

①期待に応えられてない悔しさ

いま私に求められてることと、その実現方法がわかってない説ありますね。自分が認識してる求められてること以外に求められていることは?自分が今やるべきことは???

 

②自分がなにがしたいかよくわからない

   ・どんな時間帯にしたいか

   ・どんな存在になりたいか

って聞かれたけど答えられなかった。以前ブログに書いたのも本当になりたいんだけど、方法がわからなくて本当になりたいの?なれるの?って揺らいで言えないのもあった。

 

③情報の処理の仕方がまじ超ネガティブすぎる

頭ではこの人は厳しい言葉だけどアドバイスしてくれてる、って理解しようとしてるのに、心が勝手に態度も含めた厳しさをそっくりそのまま受け取って、必要以上にショックを受けてしまう。(表現が難しい)

 

④人と比べて自分が劣ってると考える

これはオーナーから教えてもらったんだけれども、人と比べて自分はできてないとか、劣ってるって思いがちだと言われた。

言われて初めて気づいたけど思い当たる節が多すぎてわかりみが深すぎる。

でもまあ父親とかからブス(事実)だのデブ(事実)だの言われ続けて妹も平気で言うような感じで、でもわたし口喧嘩苦手だから妹にすらも勝てない状況で言われるしかないというか、とにかく家族から人と比べて落とされること毎日言われてきたらそりゃこんな卑屈な人間生まれますわな〜(闇)

 

⑤就活まじで、まじで。

就活のことがいつも頭の片隅にあって、将来が不安でしかない。

 

⑥1人で抱え込みすぎ

これ割とよく言われてる。もっと仲間のことを信じて頼りなさい。って。責任感の強さが裏目に出てるんだと。

でも本当にこれは、、、わからない。

 

今思い浮かんだのはこの6つ。

⑤は仕事の時は仕事に集中!就活は就活で頑張る!遊びは遊びで楽しむ!っていう切り替えができたら解決できるはずなんだけど。

みんなちゃんと切り替えできてんのかな、どうやってんのかな。

①はもっと早くに確認しておくべきだったけど、小出しに小出しに求められてることがでてくるから情報の収拾がつけられなくなってるんだと思う。改めて確認したらいいかな。

実行方法は全部教えてもらうんじゃなくて、自分で考えて欲しいんだってのもわかってる。わたしはわたしのやり方で、迷ったらちょっとヒントもらったりして頑張るしかないんかなあ。

②は、、もちろん以前ブログに書いたことは事実なので、そこよみかえしてみよう。そして自分がしないといけないことを明確にしよう。

③と④は、習慣として根付いてる考え方がネガティブなのか一番の辛さの原因だと思う。受け止め方がポジティブになればもっと楽になれると思う。習慣を変えるのは大変だけど、とりあえず、代替する考え方を見つけるところからスタートや!

⑥はちゃんと困ってるから助けて欲しいんだって仲間に言わなきゃいけないんだと思う…。

 

 

とにかく早く解決に向けて動くんじゃ〜〜!

自分が考えて、自分で頑張ったことは本当に身につくってわかってるのに、どうしてできないのかな。

気力振り絞って頑張る。

 

で、本というか冊子借してもらったんだけど、まだ読めてないから今から読んでみる。

今のわたしに必要なキーワードが書いてあるらしい。

読んでてやけに目に止まったり、ドキッとした単語をとにかくピックアップしてみる。

実はこれは、冊子の記事を書くための整理の記事でした。

2019/2/26〜27

 

 

2/26〜27で東京に行きました。

ちょこちょこ書いてたけど、就活が挟まって書けてなくて、やっと今日書き終えられた…。

 

LIONさんとの合同プロジェクト?の、発表会でした。

 

前日まで話し合いしてたので、発表の練習あんまりできてなくて、めっちゃ不安を覚えながら東京へ。

緊張で頭痛。

発表の持ち時間は各班30分。なぜか15分だと思ってたのでまじかーーー!倍やーー!!とびっくり。

 

最初に先生のプレゼンを聞きました。講義聞いてるみたいで楽しかった。

わたしたちが考えるのは、未来がこうなってる、ではなく、未来をどうしたいのか。センスメイキング的思考、、?

エクスペリエンス・ビジョン(ユーザーを観察して体験を企画すること?)に近い。

だから、アクティングアウトやオズの魔法使い的な、時間軸を踏まえた体験のプロトタイピングを行う。

 

オズボーンのチェックリストどこかでやったんやけど、どこだったかな。ゼミ?講義?インターン???たぶんインターン

大きくできないか?とか応用できないか?とかチェックリストに当てはまるやつ、、。

 

先生のプレゼンはわたしたちがしてきたことを、言葉にするとこんな感じになりますよ。という感じで、聞いていてなるほどーとか、もっとこうすればよかったかも〜と思ったのが何度かあった。やってたからこそ見えてないというか、見ることができてなかった部分だったのかもしれない。それを記録整理して振り返られるのがブログや、、ちゃんと書こうな、、。

 

 

発表はめちゃめちゃ緊張しました。いつまでも慣れない。場数踏むしかないからたくさんやらないと上手になれないけど、あまりにもスタート地点がマイナスすぎる…。原稿を見ずに言うつもりが、テンパって内容全部飛んでってしまって、結局見てしまったのが後悔です。そして緊張のあまりに謎の半歩後ずさりをしてしまった。それだけはなんしとんや自分…ってすぐに思った。

 

私達が考えたのは磨かない歯磨き。

最初はリードユーザーを見つけようとしてたけど、なかなか見つからないしうまくいかないしで行動観察等のフィールドワークやる方向に変更してそこから価値を見出すことに。

そしてでてきた5つの価値が

・対人

・スッキリ

・お金

・予防

・時間

1度目の報告会で、それぞれの価値に特化したサービスを考えてて、蒸気で汚れをとかしたり、歯を持ち運んで好きな時に好きな歯並びの歯を付け替えできるとか(これは結構いいと思ってた)、微生物に歯の汚れを食べてもらう、とか、歯に特化した保険の提案とかした。FBで全部100年後ではなくそれより前に実現できそうだというのと、もっと美に特化してもいいかも。というアドバイスをもらえたので、5つの方の中でも対人に特化したサービスを考えることに。

 

最初は扉をくぐれば歯磨き完了してて、服も着替えられてメイクも終わって……という夢のような機械を作ってたけど、いや魔法すぎんか、となったのが結構ギリギリで、そこからどうしようどうしようと悩んで、対人がメインで、すればするほど美しくなる、対人イコール人に見られてる、それなら堂々としたいよね!というのを軸に残りの4つの価値も叶えられる?のを提案することに。

それが、、MiTEじゃーーーー!(勢い大事)

由来はなんか単語を書き間違えたところから始まったんだけど、綺麗になったわたしを見て!の見て。です。iが小文字なのは人に見えるからです。

MiTEは、普通にジュースみたいな感じで、飲むことで歯と腸を綺麗にする磨かない歯磨き。

なんで急に腸?ってわたしも話し合いに参加できなかった間に決まっててそう思ったけど、腸の健康状態が良くなったらいろーーんなところの状態が良くなるんだと!けどそうわかっていながらできてないのが現代らしい!

食事をしながらでも飲めるし、日常のシーンに合わせていろんな形態のMiTEがあったりする。(ペットボトルのとか、家で水に溶かして作れる粉末タイプのとか、カフェで売ってたりとかしてる)

 

というのをまとめてプレゼンしました。

 

フィードバック

・ありそうなことをきちんと価値に繋げてるのはとても良い。

・せっかくなら、100年後の食事も考えてアイデアを出してもよかったかもしれない。

 

質問もいっぱいしてもらえた。

考えきれてなかったです、という回答をすることで、自分たちがアイデアを詰めきれてないところがあったことに気づけたり、特に印象的な質問が、奥歯を磨きたいときはぐちゅぐちゅしなきゃいけないのか?という質問と、ロゴがかわいいけど男性的に使いづらさはないのか?という質問で、食事しながらのシーンはアクティングアウトしてなかったからたしかにーーー!すぎたし、女子だけだからいつのまにか女子に偏った考え?になってしまってたりしたところがあったのかな?とたくさんのことがわかったので良かったです。

 

発表が新たな気づきの場になったのは初体験でした。MiTEはまだまだ良くできると思う!!!!!!

 

 

 

なんか遠い昔のことのような気がするけど、まだたったの1ヶ月前なのかーと。

 

 

 

 

 

就活でブログを見返すことが増えた。

ちゃんと自分がなにをしてるか、何を学んだか、しつこいくらい詳しく書いておくべきだったーー!!!!と思ってる。

2019/02/16

 

インターンに行きました。

不動産業界?かな?

実際に昔からある団地と新しい団地を見比べたり、同じ団地内でもリノベーションしてあるところを見たり、そのあとはグループワークで実際に見てきた昔からある方の団地のリノベーションを企画しました。

 

まずびっくりしたのが理系の多さ!

グループワークで文系はわたしとあともう1人?だったかな???

圧倒的建築学科率……専門用語飛び交って何言ってるかわかんない時があったけど、ちゃんとどういう意味??って尋ねられたのでよかった!あとちゃんといつも通りアイデアの提案もできました。

 

グループワークでは

ある程度条件を設けられた中でペルソナを具体的に決めて、キャッチコピーを決めて、リノベーションを考えた。

 

20〜30代をターゲットにして、趣味なども具体的に決めるのが条件だったので

・30代前半の夫婦

・5歳の子どもが1人いる

・夫は天神で19〜20時ごろまで仕事

・妻は家の近くで17時ごろまで仕事

・趣味は夫はマラソン、妻は料理

という風にペルソナを設定した。

 

キャッチコピーは「帰りたくなる家」

 

控えめに言って素晴らしくないですか?

前に、一人暮らしするなら帰りたくなる家にしたほうがいいよって言われたことがあったので、それを考えながら見学をしていたらたまたまキャッチコピーもそれになった。出てこなかったら提案するつもりだったけど、自然にそれが出てきたので内心すごいテンション上がった。

 

 

リノベーションする部屋の間取りが自分の家と全く違うからすごく大変だった。
今まで一度だけ引っ越ししたことがあるが、住んだ家はどちらもダイニングとリビングが一体になってる形の家だった。見学して、実際にリノベーションする家の間取りはその2つがわかれていて、ダイニングをどう生かすかが大変だった。

 

リノベーションは持ち点方式で行われた。

水回りの改修とか、畳をフローリングにしたりだとか、壁を付けたり外したりなどのリノベーション項目に点数が決められていた。水回りは3段階くらいグレードがあって、現状維持→まあそこそこ→めっちゃいいみたいな感じになってて、よくなればなるほど点数が高くなる。

他のところにポイントが割けなくなるのでそこの塩梅も難しかった。

 

 

コンセプトの、帰りたくなる家ってなんだろう?というところから話し始めた。

①帰ってきた時に家族の顔が見える

②落ち着ける、趣味に沿った性能

③家の中で家族みんなで何かできる

のが帰りたくなる家なのではないか?という話になった。

 

なのでそれを実現できる間取りを考えることにした。

 

①→キッチンの隣の部屋をダイニングにした。夫の帰って来る時間がちょうど夜ご飯の時間なので、家に帰ってきてダイニングに来たら、家族がみんな揃うという状況が生まれるようにした。

②→帰って来た時すぐにダイニングに行けるように、玄関入って正面をクローゼットにして、荷物をすぐにおけるようにした。

また趣味がマラソンだったり料理だったりするので、キッチンと浴室は1番グレードのいいものを採用した。さっき書いたように、トイレと洗面所もグレードを選ばなきゃいけなかったけど、予算が足りずそこは普通のにした。

③→家の中心であるダイニングだったところを子供が遊べる部屋にした。ご飯を食べたりした後、お風呂に入った後は絶対そこを通るので、子供の顔が見えるし、家族で何かするにも充分スペースを確保できていると思う。

 

写真ないと伝わりづらいなあ。

 

 

発表して、フィードバックをもらいました。

・来年子供が小学生になって、ダイニングだったところを子ども部屋にするなら、リビング・寝室とダイニングとキッチンの位置的に家族が行き来することになるけど、もしあえてそうしてるんだったら面白いなと思った。

間取りの写真ネットに載ってるけど、ここに載せていいかわかんないから伝わらない………………。

・浴室のグレードがいいのに、ほかの洗面所とトイレのグレードが普通なのはギャップ大丈夫なのか?

→予算不足です(正直)

・入ったときクローゼットがお出迎えはどうなのか?

→ダイニング入ったらすぐ家族の顔が見えるのでそれで……どうすか……?

あと玄関入って、元ダイニングの子供部屋にもいけるので、それで……どうすか……?

 

という感じだった。

結構いい反応もらえたのでよかったです。

その後に紹介された、企業とのコラボレーションしたリノベーション住宅の間取りと、私たちが提案した間取りがほぼ同じでなんかおおっ!てなった。

 

 

ペルソナ決める→キャッチコピー決める→キャッチコピーからどんな家か考えた→それを実現できる間取りを考えた

 

というこの流れがスムーズに進んでいくのが面白かった。

実際にも細かくペルソナ決めてやってるんですか?ってきいたらそうだと返ってきた。

楽しそう!と思った。

初めてコンビニ業界以外で楽しそうだと思うところを見つけられたので、すごく良かったです。

普段あまり関わることのない理系の人と話せたりしたのも良かったです。

 

2019/02/09

 

セミナー行ってきました。

少し時間に余裕を持たせて10:40のフライトだったけど9:30すぎには空港についた。

まあ普通か。

地下鉄を降りて電光掲示板を見たら、結構遅れたりしていて、わー天気悪いし大変やなあ。って思いながら自分の乗る飛行機を見つけた。

 

 

欠航

 

 

 

は?

 

 

ていうか何も連絡きて…………るやん!?朝4時!?!?は!?!?気付くかそんなん!!!!!いやそんなこと今はもうどうでもいいやとにかくどうしよう!?!?!?

 

一瞬大阪に行くの諦めそうになったけど、これ早期選考の条件だし、結構楽しみにしてたのに!?って思って新幹線の所要時間を検索。

めっちゃ手が震えた。

でも時間に余裕あったおかげで、普通に間に合いそう。てかむしろ飛行機で行くより早く着きそう。お金は消えるけど。背に腹はかえられないよね。

速攻博多駅まで逆戻りして、切符買って、10:10の新幹線に乗ることができた。

まだ地元だったからばり急いで行けた。(それでも迷子になりそうだったけど)

けど地元じゃないところでこんなこと起こってたらと思うとゾッとする。

思ったよりも混んでなくて、窓側の席も取れて、予定よりも早く着いて暇を持て余した。

ので、適当にネットで調べて、

福岡に出店してないタピオカ屋さんに並んだ。TEA18ってお店。

インスタ映えするような写真撮れないなあ。

f:id:ymooo919:20190209213329j:image

でもめっちゃ美味しかった。福岡にも出店してほしい。

 

関西に住んでる友達にtwitterで手助けしてもらいながら、会場までついた。

 

セミナーは滞りなくおわった。

普段絶対会えないような商品部の人から話を聞けた。商品が企画されて、店頭に並ぶまで最低4ヶ月かかるらしい。ちゃんと質問したえらい!

司会の人から長いと思いました?短いと思いました?と聞かれたので、長いと思いました。と答えたら理由を尋ねられた。

毎週新商品出てるからもっと短いかと思いました。って答えたけどよく考えたら、別におにぎりとかサンドイッチとか毎週新商品出てはないか……と後で気づいた。

 

グループワークで、新しい商品とそれに付随するサービスを考えた。

みんなやっぱりインスタのことを口にする。じゃあインスタで普段何見てるかなって思いながらインスタ開いたらタピオカ出てきた。

 

あ、さっきわたし飲んだな。

って思って提案した。採用された。

 

お客さんはタピオカ入ったカップポーションを買う。ポーションには色んな味があって、店員はミルク入れるだけでOKだしお客さんはいろんなカスタマイズできるという感じ。

サービスは、QRコード読み込んだら専用サイトに飛んで、インスタ映えする写真の撮り方が載ってたり、おすすめカスタマイズ見れる感じ。

これ50分で考えるのはきつかった、、、。

 

商品部の方からのフィードバックで、新しいものを考えつつも、既存のものを生かせる形で提案していて実現性があるのが良かった。と言われた。

歯磨きのことをやってる手前、褒められた気分にあまりならなかった。笑

 

 

企業説明を聞いて、風通しの良い企業だなと思った。若手の意見も取り入れてくれるらしい。

1番じゃないから逆になんでもできる。って言ってて、なるほどと思った。

やっぱ話を聞いてると、AIとかIoT技術の進歩で、だんだん人がいらなくなってくるらしい。その中でもどれだけ心のこもった接客を感じてもらえるかだよなあって感じた。

楽しそうだなって思った。

 

社会に出て働くってどんな感じなのかな。

 

何日間にわたって書いてきたけど、これを投稿した今日は全く別の業界のインターンに行ったので、それはまた書こうと思います。

 

☆2019/02/08

 

なんかみんなブログ書いてるからわたしも書こうっと!

 

明日は大阪に行く。

本命のセミナー!わくわく!でも緊張!

迷子にならないように頑張ります。

 

 

みんなセミナーとか、インターンとか、いろいろなところに行ってて焦る。

なんていうか興味あることがないから、手が出せないでいた。

けど最近(というほど最近でもないけど)、バイト先の仕事以外で興味が湧いてきた業界がある。

 

不動産業界です!!!!

特に!団地!

目をつけている企業(企業なのか微妙なラインではある)もあって、今度そこのインターン行くことにした。

少しネットで調べてみたけど、あれ、、自分の望んでる社風じゃないなあ〜って思ったりしたけど、でも行ってみる!チャレンジじゃ!

 

 

こないだバイト先の上の人と進路の話をした。

何をしたいかまだ自分でもわからないけど、今1番興味あるのは今のバイトの仕事だってことを伝えた。

 

自分の中で、

(自分が働きたいって思ってるのは、今のバイト先の環境が良いからそう思ってるだけであって、本当にしたいって思ってるのかどうかわからなくない?

入った時思ったのと違ったら嫌じゃない?そのギャップ抱えながら働くの?)

 

っていう心の声もありまして。それは言わなかったけど。だから、何がしたいの?って質問に答えられなかった。

でも、

 

「今興味あるんだったら受けたらいいじゃん。」

「合ってるとか合ってないとか入ってみないとわかんないわけだし」

 

って言われて、

あー、そんな感じでいいんかなあ?って思った。

業界研究ってどうすりゃええんやろうな。

早期選考なのもあるし、自分がどう考えてるかとか、じゃあそこで何したいかとかある程度形にしてるのをもっと詰めていかないといけないし。

 

 

ということで形にしよう。

 

 

 

人がレジをして対応してる限りはそこにコミュニケーションが生まれるわけで、コンビニは、

店員と店員
店員とお客様
お客様とお客様
が繋がれる超ステキなとこだな〜と考えている。

社会インフラって呼ばれるほどコンビニがたっっくさんあるからこそ、コンビニが笑顔で溢れる場所になっていてほしいって考える。

そしたらみんなが幸せになれると言うか、コンビニ全店から笑顔が溢れてたらもうそれ日本中笑顔やん。みんなコンビニ使うからさー。

コンビニに行く人が幸せにしてもらおう!とかそんなこと考えて行ってるってことはほぼないと思うけど、店を出た後に嬉しい気持ちになってくれてたらいいよねなんか。

 

お客様は自分の写し鏡って言葉を教えてもらったことがある。店員が笑ってなかったらお客様が笑顔になることはない。じゃあ店員から笑顔でお客様の対応をすることができたら、みんなが幸せになれる可能性ってもっと上がるとおもう!

店員が笑顔になるためには、そのお店の状況が整っていないとダメだと思う。殺伐としてるお店でいい働きは絶対できない。上の人ってお店に与える影響すごく大きいから、オーナーや店長が大変な状況にならなくていいように、そんな店が1つでも減るように、個店個店に寄り添って、環境の整備ができたらいいな。

 

 

あとはやっぱり教育職が諦められない!

 

 

高校からずっと教師になりたかったけど、諸事情あって、向いてないって思って諦めた。

でもやっぱりバイト先の上の人を見てると、こんな風に人を教育できる人になりたいなあ。って思う瞬間が多々あって。

教師を諦めた時も、

「何も教師になることだけが教育の道じゃない」

って思って、思い切って教職取るのをやめた。

だから、今就職したいところでも教育ってできるんじゃないかな?って思った。

バイト先でも経験年数が長くなるにつれ、人に教える機会が増えた。

うまくできないことの方が多いけど。でもできるようになりたい!って思うことだから頑張りたいこととしてあげていいよね!

わたしが考えてること〜、、まずは、店員の教育をしたい!難しいことかもしれないけど、いろんなバイトの不祥事が多いのもあるし、全国的に!もっともっと店員のレベルを上げたい。

それだけじゃなくて、お客様が喜んでくれるようなお店作りが個店毎にできるように、店員に対してだけじゃなくて、お店作り関連でもいろんな教育が店長、オーナーに向けてできるようになりたい!

 

多分そこに着くまではすごーーーーく時間がかからかもしれないけど、1番最後にたどり着きたいのはそこ……だと思う。

 

 

 

てかこれここに書いてパクられたりしない?え?大丈夫かな???

少し心配。

でもパクられるほどのものでもないかな???

 

 

明日は、自分の1番の疑問点

今のバイト先が好きだから本社で働きたいだけなのでは?

っていう疑問を解決できるように頑張ります。

2019/02/04

六本松でゼミの話し合い。

前回寝る前に書き留めた、扉をくぐると案(勝手に命名

話してみたら高評価で嬉しい。これベースで進めることになった。

 

・ベースは前回の記事から変わらず。

・歯磨きに関してはホースから蒸気とか出る感じ?
・ゼペットみたいなアプリで服とか口臭とか諸々をあらかじめ設定する案⇄脳波案

で、迷い中(ゼペット案推し?)

→確かにどこでも設定できるのはいいかもしれない。通勤中とか。頭の中で考えたのっていつでもそのまま思い出せるかって言ったらそうじゃないし、細部まで考えられなかったりするからな〜とか思ったり。

・いつの間にかメイクもするようになってた

・扉⇄個室案(扉案推し?)

→個室案あげた子は、食後の歯磨きどうする?って思って個室案をあげたみたいだけど、次の疑問点で解消されつつあるからどうなった?感はある。扉案かな????

 

機械は脳波なりゼペットアプリなりからコーディネートを受信→使用者の手持ちの服からコーデの候補を何個か上げてくれる→選ぶ→着る

 

服を着るのは手動。

 

 

…とか話してる最中にいくつか問題点が出てきた。

 


①食後歯磨きしたい場合どうする?

いたるところに扉を作ることで解消!(会社とか公衆トイレにも!)

そういう扉が溢れてる世界が100年後の世界…ということです…。

 

②メイクオフどうする?

美容とか歯磨きモードとかメイクオフとかモード選択可能
→食事後とかいろんな理由の歯磨き?にも対応可能なので①の解決法にも🙆‍♀️

 

 

 

わたしが考えるときはいっつも朝起きて、寝間着から身支度する場合のみを考えてたけど

その逆もアリだよねって話になったとき確かに!って思った。

 

歯磨き要素薄いかな?って言ったら
100年後は歯磨き歯ブラシ!だけの考えじゃなくて、それ込みのトータルプロデュースになってるんだよ!
って返ってきた。そうなのかも。

 

でもあんまり機能つけすぎるとごちゃごちゃして逆にめんどくなる…使わない機能でてきたりするよね。けど詳細まで決めないとだから、そこの線引きがめっちゃ難しい。

 

 

メモも兼ねて書いてるから、というかメモ要素強すぎて普段よりすごい読みにくい気が。

うーんまた次回。2週間くらい間空くのが怖いかも。

もう少し考えてまた持ち寄ろう。

他の班は動画撮ったりしてるらしくてちょい焦るけど、鈍感すぎない程度にマイペースで頑張ろう〜。