最後に笑えれば

ゼミのこと書くよ、と言いつつバイトのことも。

2018/08/11

 

今日は某コンビニのインターンに行きました。

前回青春18切符旅行をした長崎の子と一緒に行くことに。ありがたや。

 

行く前にあったなんやかんやの話を。

私服でお越しください。とお知らせがきていたけど、私服ってどれくらい私服なんだ。

と、初インターンのわたしと友達は散々悩み悩み悩み、キレイ目の私服で行った。会場についてびっくり。

 

 

めっちゃ私服の人おるやん。

 

 

友達とびっくりしてた。ということで、私服は私服でいいのだと1つ学んだけど、まあ落ち着いてるに越したことはないか。

 

 

まずは目標設定と会社のSWOT分析をしながら会社概要を聞いた。わたしの目標は根拠のある発言をする!こと。

 

いよいよグループワークへ。

最初に、醤油の消費量をあげるためにはどうしたらいいか?というワークをすることに。

事前に資料が配られて、それをもとに分析して考えて行くという流れ。

配られた資料が

①醤油の出荷量グラフ(10年単位くらい)

②1人当たり/一世帯当たりの醤油の消費量

③人口の増減グラフ(労働人口なども含む)

の3つ。

 

最初に出てきたのが

「和食より洋食の方がみんな食べるから」

という内容。だ〜〜が〜〜。そんなのどこにも資料に書かれてまへんがな。

「それが分析じゃなくてわたし達の想像になってないか」

的な話をロボスクエアの分析の時に先生から言われたことを思い出した。ので、でも資料にのってないよ。と伝えた。あくまでも資料から読み取れること、から考えられることを意識した。

そうしてわたし達の班は

醤油の生産量が減っている原因を、

・人口減少

・生産年齢人口の減少と出荷量の減少のタイミングが同じ→醤油を作れる人の減少

と考えた。

なので、

・付加価値のある醤油を作って多様なニーズに応えて消費量を増やす(例えばわさびが混ざってる醤油など)

・気軽に使える道具を開発する(大きなボトルに入ってるイメージ大きい)

・機械化して生産量増加(すでにしている感は否めない)

と考えた。

 

このワークでは事実(データ)をもとに根拠を見出し、結論へ導く力をつける?ものらしい。

ピラミッドストラクチャーの話をしてくれた。

あくまでも"資料から分析"なので、それを証明できる根拠を資料から見出さないといけない。という話と、もし和食より洋食をみんな食べるようになったから。を根拠にしたいときは具体的にどうしたらいいかを教えてくださった。

 

次のワークはちょっと会社バレそうだからぼかしにぼかすけど、オズボーンのチェックリスト(SCAMPAR)を既存商品に当てはめて行くというワーク。正解不正解ないから1番楽しかった。このワークでは発散型と収束型の話をしてくれたけどゼミできいたやつやー!ってやった。ちなみに今日は4人の班でやったけど、収束型と発散型と半分ずつって感じだった。わたしはもちろん発散型です。

 

積み重ねと罪重ね、という話をしてくれた。簡単にまとめると間違ってるかも〜と思って言わないのはダメだよって話でした。意見の積み重ねが結論になる。

 

 

 

そしてそしてそして。メインワーク。

 

リソースを認識して会社の未来の価値を創出する。

 

未来……?価値……?あれ……ゼミ………?

 

とおもいながらやることに。

会社が提示したいくつかの技術に関するセグメント×職種で、未来の価値を創造するというワーク。

いくつかあるセグメントの中でわたしたちの班が選んだのが通信、ITというセグメント。

AIとかIoTとかそっち系。まずは過去(2008年)と現在のセグメントの社会価値、技術面的にはどうだったかを振り返って、2030年はどうなってるかを考えた。

アレクサとかクローバーとか一家に一台は絶対にありそうだよねって話した。

 

そのあとそのセグメントと企業の業種を掛け合わせて未来の価値を考えることに。

 

業種は、

スーパーバイザー(経営コンサルタント的な)

店舗を出店する位置などを考える部署(名前忘れた)

商品開発部

マーケティング

の4つのなかから選べる中で、わたしたちは通信・ITというセグメントと、商品開発部・マーケティング部を掛け合わせることにした。

 

具体的には、お客様が商品にスマホのカメラを向けたら、商品情報やキャンペーン参加にできるようにしたり、逆に企業側はお客様の声を受け取ることができるような仕組みを作る。

という内容で、

普通は繋がれるはずのないお客様と企業内部で働く商品開発部やマーケティング部の人が繋がることができて、企業が掲げていた相互成長ができる!という価値を生み出せるのではないかと考えた。

商品開発の裏側、商品に込めた思いなど、普段では伝えることができないところまで伝えられるという価値もある。

(あと個人的に販促物の取り付けが少しくらいは減るかなーという期待も)

時間としては45分くらいで考えた。

 

あとはその考えを他の班と共有して、今日の全ワークおわり!

他の班は家庭にある冷蔵庫をインターネットで管理して、〇〇がないですよーというサービスを提供、そして注文できたり発送したりするサービスをしたらどうだろうかということを言ったりしていて、全然違う視点だなーって思った。

 

 

感想としてはほんとにゼミでやってることとほぼ同じだなって感じだった。考え馴染みはあるけどやっぱり将来のことを考えるのは本当に難しい。でも結論まで出せたから本当によかった。

でも確かに他の大学の人はあんまり意見出てもメモ?とらないなって思った。しょうゆのワークの時に無意識に出た意見をメモ取ってたけどみんななんで書かないんだろう?って思ったし、なんか足りんなーって思ったら付箋…。付箋欲しくなった。

 

オズボーンのチェックリストはゼミでも使えそうだと思ったから今度やってみたい。新しい歯磨きが考えられるかもしれない!!!

☆2018/07/19

今回のコンビニバイトブログは、昨日シフトに入った時に上の人から言われたことを書こうと思います。

 

昨日はベテランの2人でのシフト。

17時前まで他の店で働いていて、なんでわたしわざわざ店舗移動しなきゃいけないんだろう〜と思いながら店を移動して、

休憩が終わって17時半からシフトに入ったあと、相方さんとわたしに向かって

 

外国人クルーや新人があなたの代わりをできるかといったらできない。私達は(ベテランの)あなたたちを頼りにしてる。

だから誇りに思って欲しい。(要約)

 

と話してくれた。

なんで店舗移動しないといけないんだろう、と思った自分が恥ずかしくなった。
わたしが移動せず続投して、もともとそこに入る予定だった新人をわたしの働く店舗を入れ替えれば都合良くないかなあとか主観で思ってたけど、それは言い換えればわたしの代わりが新人でも務まるということになる。

 

そして、誇りに思ってほしいという言葉を聞いたときハッとした。似たような話を知ってる。

 

リダイレクトの警告

(リダイレクトの警告とか出る)

(V6の記事に飛びますのでご安心を)

(突然のジャニヲタ)

 

この話を思い出して、

"あなたの代わりは誰も務められない"

"誇りを持ってほしい"

なんて上の人に言わせてはいけなかったなと思った。

 

 

最近、給料の問題で以前よりシフトに入る日が少なくなった。(それでも週3〜4)

わたしがシフトに入れる日でも休みにせざるを得ない状況で、わたしが入れるのに朝早い時間から来てるオーナーが身を粉にして夜も働いてるなんて状況があったり、新人がシフトに死ぬほど入るようになったりしてるのを見るとなんともいえない感情になる。

申し訳なかったり羨ましかったりでも休みは嬉しいって感じがしてなんだかな〜って感じ。

 

でもそこまでしてわたしを休ませるのにはちゃんと理由があって、

わたしは基本的にどこの時間でも入れるタイプで、割とシフトの融通が利きやすい方だから

誰もシフトに入れる人がいなくてマジでやばい!!!!でもなんと!!!わたしが入れる!!!!

というパターンが今まで何回もあった。

誰も入れないけどわたしが入れるという状況の時に、給料面に問題があってわたしがシフトに入れるはずなのに入れません。という話になってしまったら本当にどうしようもなくなってしまう。

という話らしい。

 

最終兵器的な感じかなあ?

こんなのが最終兵器でいいんかな…えっ…ちゃんとしよ…(今更)

でも目の前のシフトが埋まってなかったらついつい

シフト入れるんですけど!!!!

って言ってしまう。そんで断られてへこむ(笑)それの繰り返し。

 

話がちょっと逸れてしまった。

とにかくシフトにたくさん入ることだけが貢献じゃなくて、任された時間の中でどれだけクオリティ高いことができるかが一番大事だと思う。

結果が出せなきゃ頑張っても意味がない。
と常日頃から思っていたつもりだが忘れかけていた。

 

自分の任されている仕事にプライドを持って、クオリティをもっと追求していかないといけない。

以前、わたしがやってる仕事は誰にでもできる仕事だけど、その中でもわたしにしかできないことがあるはずだ!

って思っていたことを思い出した。

これもいつの間に忘れてしまっていたんだろう。

 

驕ったらいけないな。反省。

 

 

 

今日めちゃめちゃ忙しくて、相方さんがベテランさんじゃなければ仕事が終わらなかったな〜って思った時、

"外国人クルーや新人があなたの代わりをできるかといったらできない"

って言われたのを早速実感した〜って感じでした。

こういうことなんだなあ。

 

わたしにしかできない仕事をしよう。

わたしにしかできないことを探そう。

と思った。

でもわたしだけできるようになっても意味がないから、みんなができるようにしていくのもわたしの仕事だなあって思う。

もしかしたらそれがわたしにしかできないことなのかもしれない。

 

でもまずは自分のことから。

自分が自分に100点付けられるような仕事をしなきゃいけないなあ!

2018/07/15

 

クリエイティブスペースプロデュースコンテストに行ってきました。

科学館のクリエイティブスペースに展示するクリエイターを決定するプレゼン大会です。

 

詳しく書いていいかわかんないから内容書くのは控えておこうかなと思いますが、

プレゼンが上手ってなんなんだろう?

と考えるいい機会になりました。

 

前にどこかで、

スライドに文字を詰め込みすぎること

スライドに書いたことをただ読み上げること

この2つはダメだと教えてもらったことがあります。

たしかに文字が多いとわけわからんすぎる。

10分という限られた時間で良さを最大限伝えるには文字に頼るしかないのかな。

 

え?こんな感じ?という違和感を拭いきれなかったけど、先生も一緒に来てた友達も同じこと思ってたっぽくって安心しました。

森田先生が良くも悪くも福岡ぽいと言っていたが、東京はどんな感じなのだろうか。そんなに福岡と東京に差があるのか、と衝撃を受けました。

 

審査員の方々が、全部のプレゼンに感想や質問を投げかけていたのが本当にすごいなと思いました。あんまりスラスラと答えられてないチームもあって、こっちがヒヤヒヤするわ〜って感じでした。そういえばゼミでの進捗報告の時わたしいつもしどろもどろだけど、周りからそう思われてるかもしれない。人のこと言えんやないかい。気をつけよ。

 

これならモリタゼミのみんなで考えて応募した方がいいものが作れるし、今日登壇されていた方々より上手なプレゼンができるんじゃないかな?ってちらっと思ったりしなかったりしたりしました。

 

2018/06/22

未来デザインネクスト2018 in 福岡市科学館

に行ってきました!初の学外ゼミ……のはず。

 

わたしは最初にあった公演を聞きました!

内容↓

公演をしてくださった菅さんは

メディアや表現方法を問わず、人間の知覚能力に基づいた制作をしている。それは一貫したプロセスのもとで行われている。

一貫したプロセス…観察→仮説→作って検証

①新しいことを学んで新しい事実に気づく

②仮説を立てる

③試作を作る、実験、検証

(②〜③を繰り返す)

④新しい表現方法を作る

の繰り返しで作品を制作しているらしい。

 

菅さんが"創造性"について

「天から何か降ってくるのを待つこと」ではなく、「才能がある特別な人が持っているもの」でもなくて、思考技術を学び、訓練することで誰でも獲得できる。

と言っていたのがとても印象的で、勝手に励まされた気分になった。

そして創造性を支える3つの技術がある。

 

①観察の技術

→視点を変えて周囲の物事から気づきを得る。

「踏み台としての制約」を作ることが大事で、それを作ることにより方向性が定まるらしい。完全に自由な状況ではどう考えていいのかわからなくて、無限の選択肢があることは思考停止につながる…ってめっちゃわかる!

制約の例の中で出てきた、書字スキップがすごかった…。"お"を高速で書き続けると、"あ"をついつい書いてしまうやつ。なるわけないよ〜とか思いながらやってみたらまじでなって笑った。そういうのを面白いって思える視点を持てるようになりたいな。

 

②分析の技術

→集めたものから抽象度をあげ(明確に言葉にする)核になる概念を取り出す。

無関係な事象でも、1つの物に複数の意味や解釈がある。という共通点があるのでは?

という例で出てきたのがモータル錯視補完。人間は隠されたものを勝手に補うように出来ているらしい。

 

③発想の技術

概念と事象を組み合わせてパターンを作り、評価する。

観察、分析した物同士は時間軸がバラバラで、結びつける素材の多様性が重要。

新しいアイデア、人と違うアイデアは、独自のデータベースから生まれるから、日々の継続的な観察、言語化が未来のアイデアを作っていく。

 

 

という内容だった。

一番印象的だったのはやっぱり創造性の話だった。これは才能でも神様がくれるものでもなくて、観察と分析と言語化によって生み出されるんだという話で、わたし達がしてることはいろんなことに繋がってるな〜って改めて思った。どこでも行われていて、これから絶対必要とされるスキルだから絶対身につけたいし得意になりたいし自分の武器にしていきたい!と思う。

☆2018/06/17

 

 

検定に受かってもらった黒エプロンを3ヶ月くらい放置してたけどとうとう着ました記念。

 

そもそもどうして着てなかったかというと、理由は単純明快、着れる程の実力がついてないと思ったから。

あとオーナーからも

「自分が自信を持てるようになってから着なさい」

って言われていた。いや自信とかねえし。って感じで、いつ着れるかなあ。とにかく接客頑張ろう。他の人よりできるようになろう、として1ヶ月ちょい。おととい事件が起こりました。

 

後輩の人が検定を受ける、ということを知りました。その後輩の人は本当に最近入った新人さん。

すげえ、という思いと同時に焦りががががが。わたしが2年目で受けた検定を1ヶ月目で受ける彼女の思い切りさと勇気と好奇心に対して。

 

そして焦りからくる単純な見栄で、

 

「…で、エプロンはいつ着る?(笑)」

 

と、その新人さんとわたしとオーナーの3人でいた時に、オーナーが聞いてきたので

 

「明日です」(即答)

 

って言ってしまった。

言った手前あとに引けないじゃん!??!?

ということで着ることに。

最近、"売り言葉に買い言葉"的なノリで行動することが多い。"できない奴"って思われたくない。プライド高いのかな…。競争心はあまり高くないけど一番でいたいタイプなのかも。だから自分の立場が危うくなってしか動けない。

いままで周りにそうやってくる人がいなかったから、わたしは今の立場をそれなりに守れてきた。だから余計に焦ったんだと思う。抜かされたくない、と。

 

あと、店長が

「形から入る的な意味で、着てみたら何か変わるかもよ。」

って先週あたりに言ってくれた。店長はわたしがエプロンを着れるような実力じゃなければそんなことすら絶対に言ってくれない人だ。だからその言葉がわたしの背中を押してくれた。

 

 

そして昨日、お母さんの黒いポロシャツを借りていざ出勤。

こんなに緊張するっけ…。というのが感想。

制服が変わるだけでそわそわして落ち着かない。やることはいつもと変わらないのに。

 

「笑顔を忘れないようにね!」

 

と、上の人からエプロンを着たときのアドバイスをもらえた。

あと店長と

 

店「エプロン似合わんなー(笑)」

わたし「見慣れてないだけですよ!笑」

店「…そうかもな〜。頑張れよ〜!」

 

って話をした。

なんかエモくない????

 

 

流れで着ることになったけど、なんだかんだ自分自身で納得して着れているからいいよね。今ならいいかも。とちゃんと思えてる。接客だってここ最近で良くなったと思う。でもまだまだ良くなれる!黒エプロンはきっとその後押しをしてくれるはずだと思う。

 

なんとなく背筋が伸びて笑顔が多かった今日のバイト。たかが制服されど制服。

これからも伸びっぱなしだと良いな。

 

少し前と比べると驚くぐらいにミスがなくなった。(とはいいつつ過不足は出してしまったが…)

ミスから何かを学んでできることを増やすのは成長だと思うけど、ミスをしないことに重きを置いている間は全く成長してないんだと振り返っていて思う。

成長というものは自分のできないことをできるようにする、できることの質を上げることで、ミスをしないということは保守であり成長ではないんだと気づきました。現状維持は後退でしかない。わたしは成長したい。そのためにも知らないことを知っていきたい。まだまだいろんなことに興味を持って、理由を追求していかねばいけないな〜〜。頑張る。

 

あとはうなぎのディスプレイを考えなければ。ミーティングの計画をせねば。ゼミの課題をしなければ。やることはたくさんだ。ひとつひとつこなしていこう。

2018/06/11

 

先々週更新してなかったので、先々週した事も振り返りつつ、先週のゼミ活動も振り返ります。

 

先々週はグループに分かれて、インタビューしたあと、そのインタビューを分析して4つのカテゴリ別に分けた。

わたしたちのグループ(仲良い3人)は、

「カフェになにを求めているか」

を、どんな状況でカフェを利用するか、なにを頼むか、などから導いて行った。

 

そのあと、インタビューできいた出来事というか、なんだ、あのー。ね!(ね、で全てをごまかす)

例えば

本を読みたい(からカフェに行く)

インスタにあげたい(からカフェに行く)

飲み物を飲みたい(からカフェに行く)

 

という感じのものをひたすら話しながら書き出してそれを4つのカテゴリに分けていった。が…

め っ ち ゃ む ず く な い ?

というところで前々回のゼミは終わり。

むずすぎて途中脱線しまくったけど、仲良い3人集まったわりに脱線するとこ集中するとこ分かれててよかったと思う。根は真面目なの多分。

 

f:id:ymooo919:20180611003731j:image

 

 

先週(6/1)のゼミは続きから。

 

f:id:ymooo919:20180611002702j:image

(先ほどの"4つのカテゴリ"とは↓

下から、ユーザーの事象ー行為目標ー本質的欲求(上位ニーズ)ー本質的欲求(最上位ニーズ))

というふうに繋がってる。

 

インスタのことが一番綺麗につながって、先生にアドバイスもらってそれを完成させよう、と改善していた。

インスタに載せたい(事象)→インスタ映えを狙いたい、写真を撮りたい(行為目標)→いいね欲しい(上位ニーズ)→…とまできて、じゃあ何でいいねが欲しいのか、最上位ニーズってなんだろう、という話になった時に

「承認欲求じゃ〜ん??」

みたいなノリになった、けど。よくよく考えて本当にそうなのか?という話になった。

もう一度考えて、最終的には

"人に影響を与えたい"から、という結論になった。

先生から本当にそうなのか?と問われない限り、私たちは先入観で承認欲求と結論付けていたかもしれない。怖い。

 

そして先生が各班をフィードバックしてくださった。その時言っていたので印象的だったのが、まず大事なのがインタビューで、インタビューのクオリティが低ければその後の分析全くできないんだということ。最初めっちゃ肝心、というかインタビューが??

 

その話を聞いて、インタビューのクオリティを上げていきたいなと思った。クオリティを上げることができたら多分日常でも、話聞き上手になれると思う。

 

 

PEST分析のこともここに追加しておこう。

 

PEST分析とは、

Politics(政治)

Economy(経済)

Society(社会)

Technology(技術)

の4つの視点から分析して自社にどのような影響を与えるかを分析し、事業戦略やマーケティング上の機会と課題を見出だすためのフレームワーク…らしい。

今めっちゃ調べながら書いてます。(白状)

 

PEST分析でだされた課題は

「PESTの観点から将来に向けての変化を調べる」

むう。……やってみる。

 

Politics

政治………………。わたしには政治がわからぬ…。すいませんちゃんとニュース見ます。最近気になってるのは成人年齢引き下げくらい、、。20歳→18歳になったところで何が変わるの?と思う。メリットもなければデメリットもない。18歳の頃のわたしは自分のことをそこそこ大人だと思っていたけど、今振り返るとまだ超子ども。今もかもしれないけど。大人になるために何しないといけない?大人って何?成人に向けての教育もしとかんといかんのやない?って思います本当に。ただでさえ選挙権与えられたときもそのことをろくに習った記憶ないのに。変化についていけてない学校。各政党のこと全部教えろよってめっちゃ思った記憶。(調べろ)

そういう整備していかないかんと…思います…。大人とは?みたいな…。書いて思ったけどこれ政治なの…?

 

Economy

経済………スーーーーーッ(息を吐く音)

なんだろう、自動化によって人の仕事が減っていきそう、ていうかいきますよね。人がする仕事、…ってこれ社会じゃないかな?大丈夫?

でも自動化することによってそこに人権費割かなくてよくなって、働いてる人がもらえるお金が増えて、景気は良くなりそう。AIとか、機械とか維持費はかかるだろうけど、人件費に比べたら多分低そうだし…。でも電気代は原発やらなんやらにかかってるからな…という。安定して電気を安く供給できればできるほど、維持費も下がって人々がもらえるお金は増えて幸せになれるのでは…と思いました。ん?これ経済?

 

Society 

経済の話と繋がると思うけど…少子高齢化…。

働き手が少なくて保育士が足りない、教師たりない、介護福祉士たりない…とかいろんな職業に対してたりないって声を聞く。けどそういう職業はほとんどAIとか機械とかで代替できない…。のかな。仮にこういう人のお世話とか、教育をする職業をAIや機械がするようになったら、余計に人とのコミュニケーションが減って、今より人と人が直接関わることががすくなくなっていくのかなって思う。

 

Technology

機械、AIの技術は確実に進歩してますよね。人と人の関わりが少なくなっても、AIが本当に人と比べても遜色ないくらいに柔軟にコミュニケーションを取れたら、どんだけ人と関わらなくなっても孤独じゃなくなるんだろうなって思う。友達はロボットです!的な将来。でもAIの暴走による犯罪とかも起こりそう。ロボット対人間、、SF映画みたいな将来になっていそう。

 

 

えっこれで良いのかな、正解わからない…あああ…難しくてこれが今の限界…です…。

2018/06/11

ゼミが2回連続お休みになりました。

先生、手術お疲れ様でした。

休みの間に課題を出されたのだけれど…

ドラえもんひみつ道具の価値は何か。またどういうアクティビティの変化をもたらすのか。

という内容。むずううううううう。

 

何にしようかなあって考えて思った。わたし最近ドラえもん見てないな。ひみつ道具意外と知らないわ。

ということで調べてみて、わたしが欲しいものにすることにした。それは…

 

タイムふろしき


赤い面を外側にしてかぶせると時間が戻り、青い面を外側にして被せると時間が進むひみつ道具

 

 

◎タイムふろしきの価値◎

・包んだ物体の時間を操ることができる

 

 

◎タイムふろしきを利用する価値◎

 

・賞費期限が切れてしまったり腐ってしまったりしてしまった食べ物の時間を戻すことで、そうなる前の状態に戻り、無駄なゴミが減る


・作る時間がかかるもの(熟成させないといけないもの等)をすぐに作ることができるため、安定して供給できるようになる。
→10年くらい熟成させないといけないウィスキーが供給できなくなってる、という記事を見たが、そういうこともなくなる。作る手間隙のかかる農作物にも有効だと思う。


・世界に1つしかないものが壊れてしまった際や、経年劣化してしまったときも、本当の意味で元どおりにすることができる。

(例えば自分が小さい頃作ったもの、子供がいる人は子供が作ってくれたもの等)

 

アクティビティの変化
・新しいものを買う機会が減る
例えば車でも、型落ちでよければ中古車を買ってタイムふろしきを使えば型落ちでも新車に乗れる。

・おつとめ品がなくなる

食べ物が腐りかけだろうと作って時間が立ってようと風呂敷を使えば元どおりになるのだから、古いものを安く売る必要がなくなる。(これはアクティビティーになるのか謎、、)

 

って書いて思った、これ1個目と2個目で矛盾生まれてない?いや食べ物とはまた話が別だしなあ、、、。車とかだと性能もあるし、古さ云々よりもそこで価値に差が生まれそうだと思った。

 

なんか難しい、、しっくりこない。

アクティビティ、もっとプラスになりそうなのないのかな。もう少し考えてみます。でも欲しいなあタイムふろしき。