最後に笑えれば

ゼミのこと書くよ、と言いつつバイトのことも。

2019/02/04

六本松でゼミの話し合い。

前回寝る前に書き留めた、扉をくぐると案(勝手に命名

話してみたら高評価で嬉しい。これベースで進めることになった。

 

・ベースは前回の記事から変わらず。

・歯磨きに関してはホースから蒸気とか出る感じ?
・ゼペットみたいなアプリで服とか口臭とか諸々をあらかじめ設定する案⇄脳波案

で、迷い中(ゼペット案推し?)

→確かにどこでも設定できるのはいいかもしれない。通勤中とか。頭の中で考えたのっていつでもそのまま思い出せるかって言ったらそうじゃないし、細部まで考えられなかったりするからな〜とか思ったり。

・いつの間にかメイクもするようになってた

・扉⇄個室案(扉案推し?)

→個室案あげた子は、食後の歯磨きどうする?って思って個室案をあげたみたいだけど、次の疑問点で解消されつつあるからどうなった?感はある。扉案かな????

 

機械は脳波なりゼペットアプリなりからコーディネートを受信→使用者の手持ちの服からコーデの候補を何個か上げてくれる→選ぶ→着る

 

服を着るのは手動。

 

 

…とか話してる最中にいくつか問題点が出てきた。

 


①食後歯磨きしたい場合どうする?

いたるところに扉を作ることで解消!(会社とか公衆トイレにも!)

そういう扉が溢れてる世界が100年後の世界…ということです…。

 

②メイクオフどうする?

美容とか歯磨きモードとかメイクオフとかモード選択可能
→食事後とかいろんな理由の歯磨き?にも対応可能なので①の解決法にも🙆‍♀️

 

 

 

わたしが考えるときはいっつも朝起きて、寝間着から身支度する場合のみを考えてたけど

その逆もアリだよねって話になったとき確かに!って思った。

 

歯磨き要素薄いかな?って言ったら
100年後は歯磨き歯ブラシ!だけの考えじゃなくて、それ込みのトータルプロデュースになってるんだよ!
って返ってきた。そうなのかも。

 

でもあんまり機能つけすぎるとごちゃごちゃして逆にめんどくなる…使わない機能でてきたりするよね。けど詳細まで決めないとだから、そこの線引きがめっちゃ難しい。

 

 

メモも兼ねて書いてるから、というかメモ要素強すぎて普段よりすごい読みにくい気が。

うーんまた次回。2週間くらい間空くのが怖いかも。

もう少し考えてまた持ち寄ろう。

他の班は動画撮ったりしてるらしくてちょい焦るけど、鈍感すぎない程度にマイペースで頑張ろう〜。

2019/01/11

 

 

ちゃんとゼミのことも書こう。

 

先週の金曜日は2019年最初のゼミ、かつ後期最後のゼミという何とも不思議な感じがしたゼミでした。

 

f:id:ymooo919:20190116234931j:image

 

ちゃんと先週のことととか、フィードバックされたこととかを活かさないとゼロからのスタートだといつまでもゴールにつかないなあと。

元々いた場所、、先週やったところまで戻ってくるのに時間かかるのはなんでだろうって思ったら、記録取ってないからだ!と思って今ブログ書いてます。

 

というのが、金曜日の話で。

 

こないだ頭が回転しすぎてて、寝付けなかった日があって

その時にゼミのことずーーーーーっと考えてて、多分このまま寝落ちすると忘れるから!って思って一生懸命書き留めたのが

 

 

 

 

 

歯の要素少ない???
歯磨き要素???

美容にとらわれすぎ???

美容と歯、いい感じの融合
着地点むずかしい。

セーラームーン
わたし的にはアイカツ的な(扉開けて変身するらしい)
のがいいかな〜って感じてる。


美容って例えばマッサージとか人にしてもらうのが多いけど、その"人にしてもらう"のが好きな人もいると思うから、そこを消していいのかなと思ったり。

美容というか、マッサージとかじゃなくてバチクソの美容路線的な(伝わらない)それこそ美顔器進化版みたいな


今日はこういう自分になりたい→扉的なのをくぐる→脳波的なのをAIが察知、服やそのイメージに合う口臭を選んでくれる、ついでに体も綺麗になる(綺麗になる→汚れを落とすではなく、エステ的な意味)(歯の汚れはその機械から出る蒸気なりレーザーなりで溶かして終わり。)

 

 

 

 

 

 

これはあくまで自分か寝る前に考えたことだから、グループの意見じゃないけど。
今度集まった時に話してみよっと。

 

原文ママです。

 

寝る直前に書いたから自分も忘れてたけど、寝る前の方がゼミの時より頭回転してない?困る〜。

 

明日からテストです。

 

 

がんばります。

☆2019/01/10

 

バイト先はどんな空間なんだろう。物を売る以外に何があるんだろう。と考えていたけど、

人と人をつなげる場所だな、と最近思っています。

店員と店員

店員とお客様

お客様とお客様

が繋がれるいいとこだな〜と考えていて、忙しくても出来るだけ笑顔で接客しようと考えてる。

 

 

でも今日はお客様にお叱りを受けてしまった。

そのあと上の人と話したんですが、たとえ一般常識としては間違えていないことを自分が言っていたとしても、制服を着てお店の従業員としている限り、お客様を怒らせて帰ってしまったらそれは対応としてミスしてる。とはっきりしっかり言われました。

 

 

これが"仕事"なんだなと思いました。

 

店員としての態度と、一般の人としての態度は同じではないんだなと改めて思いました。わたしはまだ店員になれていないのだと思います。

 

普段からどういう風に声をかけたり行動したりしたらお客様が喜んでくれるか、またこのお店に来たいと思ってくれるか、というのをお客様一人一人のことを考えて行動するのがこのお仕事の醍醐味だよ。って言っていました。

あと、1人のお客様を失うのは100人のお客様を失うのと同じことだと言ってて、自分のお店はお客様から好きでいてもらえるお店であってほしいし、お客様からいつでも素敵だねと褒めてもらえるお店であってほしいのに、自分でその人気を落とすようなことをしていたんだなと気づきました。

 

 

 

上の人のすごいなと思うところは、こういうミスの時絶対に怒らないところです。

適切な"アドバイス"を絶対にくれて励ましてくれて


「このミスを通して、ひとまわりもふたまわりも成長してくれるなら」

 

と言っていつも矢面に立ってくれる。

そういう立場だから矢面に立たざるを得ないのかもしれないけど、怒らずに"アドバイス"して、励ますということがどれだけ難しくて、大変なことだろうかと思います。

 

仕事のミスは仕事で返す、のが上の人のポリシーだし、実際それしか方法はないので、こういう時こそ凹みすぎずに元気で明るく、ありがとうと言われる接客ができるように頑張ります。

そして自分も、後輩に怒らずにアドバイスして、ミスをカバーしてあげられる先輩になりたいなと思います。

 

2018/12/16 インターン行ってきた②

 

前回の続きです。

 

 


自店の強みと弱みを把握するために、3C分析をすることに。てっきりSWOT分析するんだろうなと思っていたのでびっくり。


3C分析
Customer:市場・顧客
Competitor:競合
Company:自社

まずは、自店の情報(自店周りの地図、来店者数、細かい品揃え、売上構成比、など)、競合の情報を書かれた資料を渡された。トータル6枚くらい?

まず最初は、3つのCごとの事実を付箋に書き出して行く作業をした。

例えば…
市場・顧客→〇〇代の女性来店数は、エリア(自店が所属している区域?のこと。)の平均来店数よりも少ない。
競合→セールストークが聞こえない
自社(自店)→夕方にお惣菜が売り切れている

という感じでたくさん書いた。
付箋イズマイフレンド…(進研ゼミポイント)

3グループあるうち、わたしのグループが1番付箋の数が多くて嬉しかった。
わたしはゼミで普段からしてることだからできないといけないけど、みんな初めてだったのにめちゃめちゃたくさん書いててすごかった……わたしだったらできてないや……。

そして、その出した付箋が、それぞれ時点にとって強みか弱みかという分析をしていった。ここで難しかったのは競合で
競合の強み→自店の弱み
競合の弱み→自店の強み
になることだった…考えたらわかるけど頭こんがらがらがらがら…

 

 

(4)

強み弱みを踏まえた上で、具体案を出して発表した。

PREP法を教えてもらった。

結論:〇〇すべきだと思う

理由:なぜなら〜だからだ。

事例:例えば、〇〇ということがある。

結論:だから、〇〇すべきだと思う。

というプレゼン方法??なのか?プレゼンに限らず、どこでも大事なことだなあと思います。


f:id:ymooo919:20181217031532j:image

f:id:ymooo919:20181218120132j:image
f:id:ymooo919:20181217031535j:image

載せていいかわからんけど(小声)

載せないでくださいとは言われてないからセーフかな?チェーン外秘マークもなかったし。

具体的な数字出すのが難しかった…客単価出してくれた人素晴らしいがすぎる……。

 

 

 

 

という感じでインターン終了でした。

感想……、ゼミでやったことが多くてゼミの経営バージョンって感じでした。楽しかった。

今まで身に付いてる実感がそこまで湧いてなかったんだけど、なんかちゃんとやったことできるようになってるんだなって気付けて嬉しかった…ゼミまた頑張ろう…行き詰まりまくりやけど…………頑張ろう………………。

という、なんかすごい森田ゼミでよかった〜って思ったインターンでした。

最後に班員からのフィードバックがあって、仕切ってくれたり、発言たくさんしてくれたとか計算早かったとかみんないっぱい褒めてくれて嬉しかった自己肯定感高まる〜。あと、1人の班員が改善点で、集中力がもっとあればいいと思う。って書いてて、見抜かれてるしそれに気づいたのまじすごい……集中力あんまないの本当に欠点だと思ってる……ちゃんと集中して……すぐ疲れて飽きちゃうのどうにかして自分……。

 

ということで終わりです。

なんか2月くらいのセミナーみたいなのに招待していただけたので大阪に飛ぶことにしました。年明け、特に2月〜3月頭はいろんなところに飛ぶことになりそうダ〜忙しくなりそうだけど楽しみ。

2018/12/16 インターン行ってきた①

本命インターン行って来ました。

わたしのバイト先の本社がやってるインターンです。

 

まず驚いたのが、今回インターンを運営、進行してくれた本社の人事の方が、わたしが働いてるお店に以前関わってたらしくて、わたしが働いてるお店のことや、オーナーとか店長のこと知ってた。勝手に運命感じた。

そして机の上に、なんと……なんと付箋が……キタコレ……

 

 

今日したことはSV(スーパーバイザー)の体験。

事実をもとに将来のことを提案していく感じでした。

 

①SVのお仕事説明

②SVの動画視聴

③コンサル体験

④総括

 

コンサルタントとは?目的とは?

コンサルタントとは - コトバンク

SVは経営コンサルタントであり、売上、収益を向上させ、最大化させる。

そして健全な経営のサポートをするのが目的とのこと。

一般的には、コンサルタントが依頼者に提案をしたあと、それを実行するのは依頼者だけだが、この会社は違って、実行のサポートを依頼者(ここでは経営者)と一緒にしっかりするんだと言っていた。

 

②動画視聴

実際に7〜8店舗を担当するSVさんがどんな風にお仕事しているかのドキュメンタリー風動画だった。

1日になるべく多くの店舗を回りたいという思いのもと、多い日は5店舗ほど回るんだと言っていた……移動量すぎょい……

この動画は、ある商品のリニューアルに伴って、経営者の人とSVさんが協力して売り上げを伸ばしていく、という内容だった。

その商品がリニューアルされた時期的に撮影されたのが秋だった。けど夏にも東京とか大阪でインターンやってたから、多分インターン期間中に新しく動画とってる。すぎょい……。

けどSVさん利益出た時すごい喜んでたし楽しそうだった。将来の目標もしっかり持っててまじすぎょい……。

 

③コンサル体験

ということでSV体験。5人のグループです。

(1)経営者から利益をいくら出したいか聞き出そう

(2)P/Lからいくら売り上げを出せばいいか計算しよう

(3)自店の強みと弱みを把握しよう

(4)利益を上げる具体案をまとめて発表しよう

という感じで進みました。

何度か、「進研ゼミでやったところだ少年」になれました……あれは漫画の中の出来事じゃないんだなって……。

 

(1)

新人SV役のわたしたちのグループは、今回担当店になったオーナーとまだそんなに面識がある方ではない。その中でオーナーは利益をいつまでにいくらあげたいか、またその理由はなぜなのかを聞き出さなくてはいけない。聞き出せたら成功、聞き出せなければ失敗。という内容。

 

事前にSVとして持ってるオーナーの情報の紙を配られた。その中からとっかかりを見つけて、利益の話につなげていく。という内容だった。

 

事前に、Me We Now理論を教えてくれた。

Me → 自分の話をして距離を縮める

We → 共通点を見つけ、共感を得る

Now → 自分のやりたいことを説明する

 

雑談も大事なんだよ!でも必要な情報に繋げられる雑談にしないとダメだよ!

という話だった。…あれ?

はい、進研ゼミポイントその①です。

ゼミでやったインタビュー……ここで生きてくるとは……。

 

みんなで考えて、代表でグループの中でわたしと、もう1人男の子でオーナー役の人事の方に聞きました。終わってしっかり人事の方と班員がフィードバックしてくれた。褒められた。

今気づいたけど、これ、、わたしと男の子がインタビュアー、人事の方がインタビュイー、そして残りの班員がオブザーバー…………えっ……すごいなんだこれリアルゼミでやったやつすごい感動してるえっなにこれすごい(語彙力)

 

(2)

P/Lをみて、店利益を出すためには、いくら売り上げないといけないかを考える問題です。

前月のP/Lと、今月のP/Lが合併になってる紙を渡されて、今月のPLを埋めていく感じでした。

 

売上

売上原価(30%)

______________

粗利益(70%)

本部チャージ料(粗利の50%)

______________

FC収入

諸経費(金額指定)

______________

店利益((1)で判明)

 

最初にわかっているのは、店利益と諸経費の金額、そして各項目のパーセンテージのみ。

 

店利益は、FC収入から諸経費を引いた金額だからFC収入は店利益と諸経費を足した金額。

FC収入は粗利益から本部チャージ料を半額取られている金額。ということはFC収入の倍額が粗利益。粗利益は売上の70%なので、粗利益÷70%で、売上が出る。売上に30%掛けたら売上原価が出る。という流れ。

 

商業科出身でよかった(進研ゼミポイント)

 

これ時間制限があって、回答が早いグループが良い、という制度だったから割とグループのみんなを置いてけぼりにして先に回答を見てもらった。無事にあってたから、そのあとちゃんとみんなに上みたいなかんじで説明した。

みんな理解してくれたから嬉しかった。わたしのわかりにくい説明でごめんよ〜感凄かったけど…。

 

長くなりそうなので、続きはまた次回にします。

2018/12/07

今週は、東京組からのフィードバックを共有する回でした。

 

簡単にまとめると、私たちのアイデアは2〜30年後には実現できてそうだよね。というのと、オシャレとかそっち系で考えてもいいかもってFBもらったっていう話になった(よね?)

もっとアイデアを具体的にする必要があるし、もっとぶっ飛んで大丈夫!という話なんだと。難しい…………ウオォ

 

でもわたし、ふと思った。

 

他の班は、「100年後の家事」だけど

わたしたちが考えるの、「磨かない歯磨き」なのでは??????

フィードバック聞いて、わたしたちは100年後の歯磨き考えるん??って思った。

磨かない歯磨き=未来の技術が必要

だから結局100年後の歯磨きも、磨かない歯磨きも同じなのかな?

と、ブログ書きながら疑問がうまれましたとさ。

 

来週はそこも考えつつ、もっとぶっ飛んだアイデア思いつくように色々考えたいなあ。

 

永久歯全部抜いて、用途ごとに歯を付け替えるとか相当ぶっ飛んでるって思ったんやけどなあ!

 

2018/12/02

 

今週は各班の代表が東京に行ってプレゼンをして来るとのことで、福岡残留組はありませんでした。

みなさま本当に本当にお疲れ様でした。

でもいいな〜私も行きたかったなあ。

来週からまた頑張ろう。ブログもちゃんと書こう。

 

…って思ったのも、今回プレゼンをみんなで作るとき、ブログに書いてたところと書いてないところとあって、圧倒的に書いてたところの方がプレゼン作りやすいし振り返りがしやすいなと。

なので本当にちゃんと書こうと思います。(と先生に宣言した日は書いてなかった)

 

ゼミ以外の時間で集まってプレゼン資料作るの意外と楽しかった。みんなでおかし食べながらやったりして親睦も深まったし(と思いたい)

 

引き続き2月に向けて走っていけたらと思います。

 

 

(     °◊°     )

 

 

さて、アルバイトの方はというと。

とうとう競合店ができました。

色々と店内体制ガタガタなタイミングで競合がオープンしてしまった。

今まで競合という競合がなくて、一番近いのは私も働きに行ってる同じオーナーの店で、いやそれ身内やん、みたいな。

入った頃とか1年前くらいまではお客さんの数は今よりももっともっと多かったから、勝手に結果も出てたんだけど今はそうじゃなくて、客数は落ちてるし、店を取り巻く環境も変わってきてたりして、今こそわたしたちの本当の実力が問われるときなんかなって思う。

でも現状、競合とわたしの店を比べたとき、

店の綺麗さも、商品の量も、売場の綺麗さも、どれを取っても今日は負けてるって言われた。

でもお客さんの量は上の人が見た段階ではわたしのお店が1番だったって。

そのお客さんが競合に流れてしまわないように頑張ろう。

忙しいのを言い訳に接客に愛想ないことが多いけど、もう少し愛想良くしよう。

明日は勝てるように頑張ろう。

というかずっと勝てるように頑張ろう。

みんなで頑張れるようにしないとなあ。組織って難しいけど。

気が合わない人がいたとしても、みんなで同じ方向見て1つのことに向かって協力していかなきゃいけないし、そのためのコミュニケーションを取っていくのが組織に属している上での難しさであり楽しさなんだろうな。

 

どんなことに対しても楽しむことを忘れちゃいけないとつくづく思いますね、精神論だけど精神あんま強くないし。そこも強くしたい。

 

 

ブランド面の問題で絶対的に競合に勝てない部分も勿論あるんだけど、なんか別のところで勝てる部分があるはずだし、そうじゃないといけないなと。なんだろうな、私の店の強みってなんなんだろうな。

 

もうここまで来たらわたしがいること自体がお店にとっての強みになりたいな。

 

え、競合店、わたしいないの?ダメじゃん!

とか(意味不明)

わたしがいるからこの店に来たよ。

みたいな(意味不明)

一緒に店で働いてる人から、お客さんから、そんな風に言われるようになれるように。

 

そうなるためには、ミスしないだとか売り場綺麗できるとかいろんな業務できるとか、スキルの問題もあるけど人とのコミュニケーションの取り方も課題になって来るような気がする。

 

内部のことで言えば、いろんなクルーさんを巻き込んで、みんなで協力していくときの中心にならなきゃいけないし、対お客様で言えばさっきも書いたけど、接客はもうちょっと頑張らなきゃだし。

 

今までずっとミスで悩んできたけど、やっぱり乗り越えるべきこと変わった気がする。

3年も経てばそうなるか〜。成長成長。

とは言ってもわたしも残された時間がそこまであるわけでもないし、わたしがこの店に勤めてたって痕跡をなにか残せるようにしたいなあって最近思う。ただシフトに入るだけじゃなくて。

 

とにかく今は、人と関わるのをめんどくさがらない、嫌がらない、避けない!