最後に笑えれば

ゼミのこと書くよ、と言いつつバイトのことも。

☆2017/03/31

祝!バイト丸2年!っていうノリでブログ書いてます今。

 

副店長に言われたこと

・目標数決めたらその枚数分作りなさい

・人が来よる時に裏に行かないこと

・売り場に出なさい(カウンターに引きこもらず前陳しなさい)

・入店時のセールストークが少ない

この間、ひさびさに副店長と同じだった。ここ1年わたしの普段入る時間帯には、同期か後輩としか基本入らないからこういう時の安心感は半端ない。そして普段わたしができてないことを自覚する良い機会になった。リアルタイムで自分の行動をフィードバックしてもらえるありがたみや…。後輩はわたしの指示を正しいと思って聞いてくれるから、自分自身が自分の正しくない判断も正しいと思い込んでることがあるかもしれない。その矯正のためにもこういう機会がたまには必要だと思う。色々ダメ出しされたけどなんか楽しかったしダメ出ししてもらえてありがたやー。

 

レジ締めミス以降、改めて丁寧に接客することを心がけているけど難しい。自分が納得できる丁寧さにはなかなか到達できない。忙しさを理由にしちゃいけないけど忙しいほど雑になってしまう現状。お会計前と後に礼するのって意外となんとなく恥ずかしくて、その恥ずかしい気持ちをなくすところから始めなければいけないんだけど、そのためにはまず礼をしないといけない。結局やらなきゃいけないってこと。理屈ではわかってるけど行動できません、じゃいつまでも変われないからまずはやる!その勇気が「あれ、意外とできるじゃん」につながるんだと思う。でも、忙しい時に(いかんいかん、雑になりよる)って思えるようになっただけマシになったが続かないと本当に意味がない。けど今週は過不足ゼロが多くて嬉しかった。でも他の人が過不足出しててなんかここ最近過不足出してるのは自分だけじゃないらしい。なんで出るんだろうと出ないようにするためには、って考えてみたらと言われたのですが、どのタイミングで誰と考えたらええんや…。

 

副店長と面談をして、改めて体制が変わる件の話をした。今まで現場経験はして来たけど俺も1からのスタートだから。と言っていたのがなんか印象深い。わたしも4月半ばから制服が変わるわけだし、また改めてスタートがきれるように今のうちに準備して堂々とエプロンを着れるようにしておきたい。とにかく丁寧な接客!

にしてもとうとう丸2年。いよいよ3年目。要領悪い分3年目とは思えないスキルしかないけど、1年前よりできることもわかることもちゃんと増えた。4月からお店の体制が本部から降りてくることも含めてガラリと変わる。当然わたしたちの業務も変えざるを得ないわけで今までの知識では通用しないところも出てくるし、環境の変化にストレスを抱えやすいがそんな甘えたことは言ってられない。副店長も店長も4月にはいるとまた1からのスタートだ。走り出した後のスキルはそりゃもちろん店長や副店長の方があるんだけど、でも立場関係なくみんな同じよーいドンでスタートを切るんだと思うとなんか勇気が出る。わたしも1からという心機一転の気持ちで頑張ろうと思う。でも変化に慣れようとせず、変化を楽しむというか、捉え方を変えるというか、そんな感じ。そしたらいつのまにか慣れとるやろ。まあストレスは抱えるだろうけど…( ˙³˙)

あと個人的にできるようになりたいことは自分の持ってるスキルを後輩に教える(?)ことかなあ。別に先輩風を吹かせて1から10まであれこれ教えたいってわけではなくて、そこそこスキルついてきた人にもっとこうしたら良くなるっていうのを教えたい。そしてそのスキルをまた後輩が後輩に教えていくみたいな。なんとなくこの1年は自分がそうしてもらってきて持ってるスキル一つ一つが深くなったというか…なんかそんな感じあったから…。ただ忙しいから難しいことではあるけど、自分がいつでもいつまでもいるわけじゃないし、自分だけができればいいって話ではなくなってくる。責任者常駐じゃ無くなる店もあるわけでクルーをクルーがみなきゃいけない瞬間って増えてくるのかなあって思う。業務中だから教えられることもあるし、実践して初めてわかることもあるし。でもとにかく自分に教えるスキルがないし自分が教えられる立場にあんのかなとか色々考える。今までそんな経験を積んできてないから当たり前だけど、いざそういうことになった時すごいテンパるし自分の知識に自信がなくなる。教えるためにももっと自分の知識を深めていくことを忘れずに。というかそこから。

始めてしばらく経った頃はみんな頑張ってるからわたしも頑張らないと、という思いで頑張ってきたが今はそうじゃない、どれだけいい仕事(お客様にとってもお店にとっても)ができるかだと思う。いい仕事ってなんだろう。喜んでもらえるように、またきてもらえるように、選んでもらえるようにってことなんかなあ。

「看板娘になってね」と言われ続けている。

看板娘って具体的にどういう人なんって思って調べてみたら、

客をひきつけ、店に足を運ばせる理由にもなる魅力のある娘のこと

と書いてありました。ひええ。頑張ろ。元気と笑顔と丁寧さがあれば大丈夫!全部難しいし今はまだ何も足りてないけどやっぱ意識して続けること!メンタルでモチベーション左右されるのはやっぱプロじゃないし自分もされて嫌な思いをしてきたからいい加減卒業しなければ。いつでもおなじ態度で勤務できるように頑張る!

 

 

 

 

店長に今日で丸2年ですと伝えると、「おめでとう、もうそんな季節かあ😌」と言ってもらえた。本当にあっというまの2年間だったなあ。「なんか変わった?」と書かれたけどなんかあるかなあ…って返すだけで答えられなかった。学んだことはあるって思うんだけど、具体的にすぐに言葉にするのは難しい。技術的なことだとたくさん言葉にできるけど。

 

うーん。なんやろう。ちょっと今後これは文章にできたらいいな。

 

明日からいよいよ新体制。

あれだけ不安だったのが嘘みたい。自分が受け入れられなさすぎるだけなのか、完璧に受け入れてるのか自分でもよくわからない。でも副店長を見てると、1番不安と疲労が溜まるのは役職が変わる人たちなんだなあって思った。だからわたしは不安だったとしても普通通りいようと思う。別に店長も副店長もいなくならないし大丈夫。新しい役職で呼ぶのは違和感だろうなあって思ったけど、明日から気恥ずかしさもありつつ、新役職で呼べる気がする。とは言っても、店長じゃないのにてんちょー!って普通に間違えて呼びそう。わたしだからありえる!