最後に笑えれば

ゼミのこと書くよ、と言いつつバイトのことも。

☆2018/04/20

 

悔しい今の気持ちを残しておこうと思う。

 

クーポン券をなくしてしまった。

ゴミ袋の中を探してもない。クーポンはお金と同じで、絶対に無くしてはいけないものだ。ゴミ袋の中を漁りながら、ちょうど今からだいたい一年前もクーポンをなくして同じように探していたことを思い出して、自分の成長してなさに嫌気がさした。

クーポン通してレジの中に入れたつもりだったが(それも良くはない)、本当に原因は袋つめをした時にクーポンまでお客様に返してしまっていたからだ。次の日にわかった。

クーポンのことを夜勤のオーナーに謝った。厳しいことを言うけど、と前置きしてオーナーが話しはじめたが、そうやって切り出したときは大抵本当に厳しいことを言われる。全部言われて当たり前のことを言われてるだけだといつも思う。

その時はクーポンをレジの中に入れて、そうこうしてるうちにどっかにやってしまった。という予測だったので、すぐに印鑑押してクーポン入れに入れないっていう詰めの甘さ、気の緩みが仕事に向き合えてない証拠だと言われた。

それが転じて過不足の話になった。自分自身はここ最近いい調子〜とか思ってたけど、それはあくまで自分自身の話だった。過不足が出てる日、出したのはえてして夕勤の時間帯だ。高額な過不足はなおのこと。いつも原因はわからないしどういうこと?と言われた。

 

他人の働いとる時間まで知らんわ、自分のことで精一杯なんですうう、、と言いたい気持ちももちろんあって。でも過不足を出してしまったイコールお客様に迷惑をかけている現実があることは絶対目をそらしてはいけないことだと思う。

また、売り上げの多くない店は、過不足で店が潰れる、だからもっともっとシビアにいなければいけない、お金の管理に対して緊張感がないのでは?と言われた。

 

自分だけの話をすれば、もう本当に過不足出したくないし出さない。と毎回思いながら仕事に入る。でもあくまでも自分だけの話で、正直他のクルーのことなんてよくわからない…と思ってしまう時点でダメなんだと思う。人数もわたし含めて6人だし、把握できないことはないと思う…。

とにかく、そういうトラブルに対しておかしいとか、どうにかしなければとか、とにかく敏感でいてほしいというのがオーナーがわたしに対して求めてることらしい。

アンテナがはれてない。と思いました。

夕勤で何が起こってるのか、何が問題になってるのか、というか何を問題にしなきゃいけないのか。何を改善しなきゃいけないのか…。まずわたしが切り出すべき存在でいなきゃいけないのではないかと思う。少なからず今のこの状況に対して、一番シビアになってないといけないのもわたしだと思った。(いられてないけど)

キャリアを積むということは、見えてくるものは当然広がるわけで、たくさん見えるものがあるなかでわたし自身がなにを見据えて動かなきゃいけないのか、なにが"本質"なのか、誰よりもわかってないといけないのにいざ聞かれるとなにも答えられない。

 

過不足出しまくったわたしがいうのもなんなんだけど、でも正直今の状況めっちゃまずいと思ってる。

お金に関わる業務はいくつかあって、

・接客

・溜まった万券を責任者以外取り出せないボックスの中に入れる作業(レジで枚数の登録あり)

・レジ点検

が代表的にあげられるんだけど、この3つのミスが夕勤の時間本当に多い。金銭授受でミスしてるから過不足が出るし、万券登録枚数を間違えるからそこでも過不足が出るし、点検自体を間違えるからそこでも過不足が出る。

なんでそんなに間違えるん?ってなった時にやっぱり緊張感が足りないのかなって思うんだけど。とにかく解決するための方法を考えるためには原因を突き止めなければならない。

でも、どうにかしたいってわたし1人が動いてもどうにもならないことではあるらしい。

余計にどうしたらええんやって思うけど、来週ミーティングやるからそこでどうにかお金の取り扱いについての意識改革できたらいいな、というかする。もしかしたらこの状況がやばいってことに気づいてない人もいるかもしれない。

それに頑張って何かを一生懸命声出して売ったとしても、そのミス1つ、過不足1つで頑張りはパーになってしまうんだよって言われた。もったいねえ。

 

なんかもう頭ごちゃごちゃになってくる!

怒られた後は大抵こうなって、結局なんの話なんだったっけ。ってなる。本当にどうしよう。ああああ。

 

でもキャリアが長くなるってこういうことなんだなって思った。責任?というかなんというか。なんていうかなあ。過不足で言えば仕方ない仕方ない、とかばいがちである風潮を、いやそれちがくない?と一言言えるような、そういうシビアさを誰よりも持っておかないといけない立場。シビアシビア。

 

あと業務の引き継ぎの話もされた。

わたしはとにかく引き継ぎが苦手で、昼間の人から伝えられたことをそのまま夜勤に伝えるという伝言ゲームになりがちだ。そんなんやる意味ない、っていつも言われる。

自分の経験もおり混ぜて、こういうことになったら困るから、とできたらより良いらしい。

この情報がないとこういうミスをしてこういうトラブルになって、だから絶対に伝えないといけない。という2歩、3歩先のことを考えられるようにならなきゃいけない。

本当に夜勤に必要な情報って何?と、考えて、精査して伝えられるようになりたい。キャリア積んできた人しかできない仕事でもあるよね。

 

でも今まで部活はほぼなにもしてこなかったし、とにかくこういう風にトップに立つなんてしたことない。他人を巻き込んで何かする方法も、どうやったらこの状況を変えられるかもわからない。この状況が初めてすぎる。できる気がしない、そもそもクーポン無くしてる時点で情けないというかできてたいのにできてない悔しさというか…とか心の中で思っていた時に

「お前ならできる。」

とか言われちゃったら頑張るしかないですよね。頑張る。(単純)

 

でもでわたしが今できるようにならないといけないこと、できてないこと、なんか少しだけ見えた気がする。

せめて他の人からの頑張ってる、という言葉をそうでしょ!、と胸張って言えるくらいには頑張らないといけないな。

 

 

次の日クーポンがどうなったか聞いて、その時自分が商品と一緒に返してしまってたことを知った。

なんでそうなってしまったと思う?

と聞かれたので、すぐに印鑑押して直さなかったから。と答えたら違うと言われた。

普通クーポン通してどうするっけ?と考えて、札ばさみに挟まなかったから?と聞いたらそう!と言われた。クーポンはお金と同じだから、通したら札ばさみに挟むのが基本だよね。と。もっと仕事の基本、なぜそれが基本として設定されているか疑問を持たなきゃいけない。そして理由を知らなきゃいけない。

 

というかそもそもいろんなことについてもっとなぜ?を持たなきゃいけないと思った…。

そして、

 

自分の記憶に残る接客をしなさい。

 

と言われた。

心を込めて接客すれば多分どんな人でも記憶に残るはずだよなー。適当にやれば記憶になんかのこんないし、、。また頑張り屋のあなたならできると言われてちょっとだけ泣きそうになってしまった。できなくて悔しいというか情けないというか…って感じ。

 

いつもに増して中身がぐちゃぐちゃだけどもういいや。