最後に笑えれば

ゼミのこと書くよ、と言いつつバイトのことも。

☆2018/07/19

今回のコンビニバイトブログは、昨日シフトに入った時に上の人から言われたことを書こうと思います。

 

昨日はベテランの2人でのシフト。

17時前まで他の店で働いていて、なんでわたしわざわざ店舗移動しなきゃいけないんだろう〜と思いながら店を移動して、

休憩が終わって17時半からシフトに入ったあと、相方さんとわたしに向かって

 

外国人クルーや新人があなたの代わりをできるかといったらできない。私達は(ベテランの)あなたたちを頼りにしてる。

だから誇りに思って欲しい。(要約)

 

と話してくれた。

なんで店舗移動しないといけないんだろう、と思った自分が恥ずかしくなった。
わたしが移動せず続投して、もともとそこに入る予定だった新人をわたしの働く店舗を入れ替えれば都合良くないかなあとか主観で思ってたけど、それは言い換えればわたしの代わりが新人でも務まるということになる。

 

そして、誇りに思ってほしいという言葉を聞いたときハッとした。似たような話を知ってる。

 

リダイレクトの警告

(リダイレクトの警告とか出る)

(V6の記事に飛びますのでご安心を)

(突然のジャニヲタ)

 

この話を思い出して、

"あなたの代わりは誰も務められない"

"誇りを持ってほしい"

なんて上の人に言わせてはいけなかったなと思った。

 

 

最近、給料の問題で以前よりシフトに入る日が少なくなった。(それでも週3〜4)

わたしがシフトに入れる日でも休みにせざるを得ない状況で、わたしが入れるのに朝早い時間から来てるオーナーが身を粉にして夜も働いてるなんて状況があったり、新人がシフトに死ぬほど入るようになったりしてるのを見るとなんともいえない感情になる。

申し訳なかったり羨ましかったりでも休みは嬉しいって感じがしてなんだかな〜って感じ。

 

でもそこまでしてわたしを休ませるのにはちゃんと理由があって、

わたしは基本的にどこの時間でも入れるタイプで、割とシフトの融通が利きやすい方だから

誰もシフトに入れる人がいなくてマジでやばい!!!!でもなんと!!!わたしが入れる!!!!

というパターンが今まで何回もあった。

誰も入れないけどわたしが入れるという状況の時に、給料面に問題があってわたしがシフトに入れるはずなのに入れません。という話になってしまったら本当にどうしようもなくなってしまう。

という話らしい。

 

最終兵器的な感じかなあ?

こんなのが最終兵器でいいんかな…えっ…ちゃんとしよ…(今更)

でも目の前のシフトが埋まってなかったらついつい

シフト入れるんですけど!!!!

って言ってしまう。そんで断られてへこむ(笑)それの繰り返し。

 

話がちょっと逸れてしまった。

とにかくシフトにたくさん入ることだけが貢献じゃなくて、任された時間の中でどれだけクオリティ高いことができるかが一番大事だと思う。

結果が出せなきゃ頑張っても意味がない。
と常日頃から思っていたつもりだが忘れかけていた。

 

自分の任されている仕事にプライドを持って、クオリティをもっと追求していかないといけない。

以前、わたしがやってる仕事は誰にでもできる仕事だけど、その中でもわたしにしかできないことがあるはずだ!

って思っていたことを思い出した。

これもいつの間に忘れてしまっていたんだろう。

 

驕ったらいけないな。反省。

 

 

 

今日めちゃめちゃ忙しくて、相方さんがベテランさんじゃなければ仕事が終わらなかったな〜って思った時、

"外国人クルーや新人があなたの代わりをできるかといったらできない"

って言われたのを早速実感した〜って感じでした。

こういうことなんだなあ。

 

わたしにしかできない仕事をしよう。

わたしにしかできないことを探そう。

と思った。

でもわたしだけできるようになっても意味がないから、みんなができるようにしていくのもわたしの仕事だなあって思う。

もしかしたらそれがわたしにしかできないことなのかもしれない。

 

でもまずは自分のことから。

自分が自分に100点付けられるような仕事をしなきゃいけないなあ!